メシヤ講座no.122大阪(平成23年3月)

<今月の御教え>

「『文明の創造』総篇 既成文化の謬点」(文創  昭和二十七年)

本文は『文明の創造』19ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 枚方支部】              

 

○○之光教団の実態と本質

楳木代表

ほうれん草が、綺麗に束ねてあるね。

 

受講者

昨晩、巻いて整えていました。ほうれん草も手に入りにくい状況で、それで地元の方から分けて頂いた次第です。

 

受講者

これにナチュラル・ハーモニーの「和み酢」をかけて頂こうと。これは既に合わせ酢で、他に何も要らないくらい美味しかったので。

 

受講者

砂糖と醤油とか入ってます。

 

楳木代表

美味い!でこの鮭は・・

 

受講者

北海道のもので、そこの地元から分けてもらったそうです。

 

受講者

水菜も一人6本までになっていました。

 

楳木代表

あれだけの津波だったら、食べ物・・お米なんかも全部もっていかれているだろうね。

 

受講者

物資を届ける人員が足らないというようで。先に身元確認や救援とかで。

 

受講者

寝袋とかあればねぇ・・

 

受講者

あれだけの規模となると、回らないようですね

 

受講者

一般の人にとって心配なのは、被爆だね。

 

受講者

これ、無肥料の豆腐で、買ってくれました。

 

受講者

有難いね。味がしっかりしていて、実に美味しいですね。

 

楳木代表

奥さんが作ってくれたケーキ、大変美味しかったです。有難うございます。宜しくお伝えしておいてください。

 

受講者

そういえば、ある方が本部の○○○にいて、それでいろいな仕事をやっていたそうです。

 

楳木代表

ほお、じゃ、実情をよくわかってるんですね。

 

受講者

そうです、川合輝明さんの事もよく知ってるそうです。入会のご縁を頂きましたが、

以前は、刷り込みマジックの影響を受けてるので、なかなか正しく、情報選別ができにくい点もあります。で、支部長代理にご縁を頂いて、アレコレ話しましたが、やはり、少し時間かかりましたね。

 

楳木代表

うん、あれだけの巨大組織にいると、オカシイところはわかっていても、今、これしか無いのかな、という感じになっちゃうよね。

 

受講者

あれだけ巨大組織なのに、選択肢というか視野はもの凄く狭く、他からの情報は一切受け付けませんし、受けても流しません。教団の作った情報だけので、そうなるとどうしても選べないという・・それでも、選ぼう、という意思がないと、そのままいってしまうのが多いようですね。

 

楳木代表

なるほどねぇ。

 

受講者

そういうのを、思考停止、っていうのですか?

 

楳木代表

ん?

 

受講者

言われた事しか考えない、他にあんまり考える余裕が無いようにさせられ、なにせ、上は正しい、ということで下がそのまま受け入れる、っていう、それが、思考停止、ではなかったですかね?

 

楳木代表

それはね、刷り込みのほう。

 

受講者

刷り込みのほうでしたか。なるほど。

 

受講者

もう、メシヤ様の御言葉を軽んじているとしか思えないような・・。メシヤ様の御存在価値、というものを下げて考えているとしか思えませんね。こう書いているのに、違うことをする、という事ばかりですから、もう・・。

 

楳木代表

ぅん、有名な話がね、川合輝明総長中心に、役員会が酒飲んでいる時に、当時でさえ、”明主様”って言ってない。

 

受講者

・・何て?

 

楳木代表

めいしゅさん

 

受講者

へえぇ!??

 

楳木代表

「めいしゅさん もナァ、こういうとこ あるからナ」と、こんな言い方なんだよ、酒飲んでる時は。

 

受講者

ップ(笑)お、恐ろしいぃ

 

受講者

御在世当時のですか?

 

楳木代表

いやいや、一元化後、の役員会。

 

受講者

現身という人間としての見方があったのでしょうか

 

楳木代表

者やはり、上の方にいくと、メシヤ様の私生活ということの一面が耳に入ったりするわけ。人間的な面が。そうすると、自分達と同じところがあるじゃないか、と。或いは自分達よりちょっと酷い性格のところの部分もあるじゃないか、と。その程度で考えてしまうってこと。絶対的な部分、ということを探求していけばそんなふうになる筈がないんだけどね。やっぱり、探究心が弱くなる。それはもう、○○総長の○○○がメシヤ教にいるんだけど、その人が言ってるの。役員さんたちが家に来て飲んでるときに、そんな会話で飲んでた。

 

受講者

それだけに○○之光教団は、「絶対力」の御力を頂けるんだと、解釈できるんでしょうか?

 

楳木代表

もうその時点では、本部の人間、浄霊しないし、御浄霊を頂く、という想念、役員ないから。・・・で、盲腸くらいで、手術するんだから。

 

受講者

○○療院の療院長なんですが、盲腸ですがと患者さんが言うと、「あっ、切ってきてください」って簡単に言うんです。誰も、反対しない、それがまかり通ってしまっている。

 

受講者一同

(盲腸で?とザワつく)

 

受講者

あの、御教えに・・書いてありますよね・・あれは、無視?

 

楳木代表

途中から勘違いしたんだよ。

 

受講者

川合さんは、「神」のように扱われてたそうで、言った事は絶対通ります、と。教団内では。

 

楳木代表

ただね、みんなが解かっていないのは、川合輝明さんは、生活は非常に節制していた。腹八分じゃなくて、腹七分でいいと。酒だけはガブガブ飲んでたらしいけど、食生活は腹七分でいって、で、何故ですかっていうと、これ位にしておかないと、満腹感で食べても頭が鈍るからだと。

しかし、その取巻きの人達は、もう・・自堕落な生活。夜なったら、熱海のクラブに飲みに行くか、雀荘に行ってた。

 

受講者

理事会で本当のことを言わないんです。みんな、前後の話をしない。そういった事は飛ばされて話が進む、川合さんは。だから本当の事はみんな言わなかったんじゃないかな、と。川合さんにとって良い報告しかしないからね。あんまりにも、怖すぎた感じもあります・・。

 

受講者

破壊をする側の人だってね、立派なところがあるからね、自分を律するとか。

 

受講者

あー

 

受講者

やっぱり、一つの長にいるわけだからね。自分が進めようとすることが、まあ、良い悪いはおいといてね、物事を進める点では。人間いつも悪いばかりじゃない。神を信じきった勇気ある浄霊奇蹟をみれば、その心を大いに評価したりもする。そういう時は、善が出る。邪が憑いていても、何かのキッカケなどでフト素晴らしい善を説くこともある。そこで、その時は素晴らしいと思われる。しかし、毒と罪で曇り多いとかとか慢心などあれば、すぐまた大きな雲に覆われる。

一般個人ではもっと小さい・・、ヤマタノオロチも、邪鬼も、みんな副霊と繋がっていって、八大竜王もみなについて守護せんとしている。一般個人をみても、本霊ばかりでなく、曇りし副霊もよく出がちと同様、トップとて、完全ではない。

ところが、憑いているものがあまりに大きいと、これは、闇の世界なら良いが、神の世界においては、あまりにも神の信徒に悪い影響を与えていることは大問題となる。

 

受講者

川合さんは、晩年はよく大仁にも会合に行かれていて、議長クラスを集めて、「お前ら、ワシより御教え読んでる奴、手あげてみぃ!」といっていたのは割と有名で・・。

 

楳木代表

あぁ、そう(笑)

 

受講者

(一同、それぞれの団体から来ているのだが、それぞれの失笑をしている)

怒っているようですね(笑)でも、具体性が無いもの。

 

受講者

でも、その川合輝明さんを超えるだけ読んでる人は、その場に呼んでない、っていうのがありまして。

 

楳木代表

ああ、皆にはね。

 

受講者

まあ、でも、手を上げても怒られるんでしょうけど。

 

受講者

手を上げて、息抜いたら、ふっと飛ばされるっていう(笑)

 

受講者

実際、そういう感じで飛ばされた人は沢山ありますからね。

 

受講者

実際よく激を飛ばされているっていう話はよく聞きましたね。

 

受講者

大仁に来た人は御守護があるよ、と言っていたそうですが、

だんだんと・・・、今は管理すらもままならないそうで。

 

受講者

議長クラスでも部下から浄霊頂くとき、ぺちゃくちゃ喋りながら、姿勢も随分横柄な人もありましたものね。

 

受講者

見た事ありますよ。語るのも・・。有り得ない世界です。

 

楳木代表

ほぉ

 

受講者

それじゃ、メシヤ教と反対だね。資格があると、厳しいからね。組織的なだけの構成員で、その組織は、救いの組織だと自負してしまっているというのが強いからじゃないですかね。

 

受講者

人類救済とか天国建設のお題目が本当なら、御教えの改ざんはしないし、未だに善言讃詞だけという。それ一つとっても、有り得ないことです。そのくせ、メシヤ様と言うが、メシヤ様の御言葉に対してどうかというと、毎度そこはチンプンカンプンの答えで、他教団も理解できない。

 

楳木代表

・・・なるほどだね。

 

受講者

だから、信者さんに、押し付けだけは、しっかりと。

 

受講者

大祭の時などは、家庭に回り、献金を集めるよう指示はします。

 

受講者

売上げ・・・、粗利が出るようにやってる感じは否めませんね。永代が30万で、「三本入りました!四本入りました!」って、事実、言ってるそうですからね。

 

受講者

議長とか言ってますよ、

 

受講者

マグロ競りのよう、にね。

 

受講者

「あとこのくらいで、行くね」とか。「これだけノルマ上げました」とかの報告ですね。

 

祭典「式次第」を考える

楳木代表

いや、東方之光教団は、一番最後が「浄霊」らしいね。

 

受講者

信者が途中で帰らないように、ということなんです。

 

楳木代表

っぷは(笑)

 

受講者

前は、最後じゃなかったですよね?

 

受講者前は最初だったけど、コロコロ変わっていった・・・。方針、というものが月々によって・・・

例えば、方針に沿った事例しか事例扱いにはしない事に決めているが、その事例が豊富なら、善言讃詞も上げずに、先に事例を。ね?祭典始めます、っていうと事例フォーラムばかり延々流してから祝詞。だから(笑)、自分達の方針が神床に座ってやっているようなやり方だね。

 

楳木代表

しかし、浄霊が一番下だっていうのは、

 

受講者

そうじゃないと、人を引き留めて置けないということがあるので。

 

受講者

何のために、祭るか、ということがわかってないみたいだね。

 

受講者

明主様時代の御浄霊っていうのは・・・

 

楳木代表

・・・メシヤ様が御面会の前に出て来られて、御浄霊されてから式が始まったんじゃないですかね。

 

受講者

御教えをみてますと、式が終わって、それから御浄霊っていう・・・

 

楳木代表

それは集団浄霊をはじめた頃じゃないですかね。浄化者が多いからということで始まったんじゃないかと・・。

 

○○之光教団の「手を合わせない癖」

受講者かつて、施設や外では、施術はいいが、手を合わせるのは宗教的だから御浄霊しないようにしましょう、ということがありました。一般の人の出入りがあるので、手を合わすと宗教色が出てヘンだと思われるので、施設で浄霊するのは禁じられていました。祭典でも合わさなくなったので、祭典はいいですよ、となったのですが、しかし、施術ばかりして身についてしまって、あまり手を合わさなくなってます。

 

楳木代表

ほお

 

受講者

今も?

 

受講者

今もです、今もあまり皆さん手を合わせないですよ。聖地の集団浄霊を頂く時も、ほとんど合わせない。再度、祭典は宗教的だからチャンと手を合わせてください、と言っても、もう、ほとんど合わさないですよ。もう、ゴッチャになっちゃってるので、修正がきかないね。

 

受講者

聖地では、全国から疲れてやってきて、途中から居眠りしているので、方針の事例が祭典の要ですらから、事例が多いと、祭典の最初にもってくるという点もあるでしょうね、頭がハッキリしているので。それで、神様への参拝は次でも、という。

 

受講者

地方によっては、手を合わすのは自由に、っていうところもありますよ。

 

受講者

集団浄霊でなく、個人間の場合は、施設では手を合わしてはいけない、ってなってますよ。

 

受講者

というか、御神前に来たら宗教だってわかるでしょ、普通は。

(一同爆笑)

 

受講者

タイとか手を合わせて施術やってるんだから、宗教でいいのにね。

 

受講者

手を合わすということを、一般の人がそこまで宗教的異常に思うだろうか。また、施設に、一般の人は、ほとんど来ないんだから。だから、信者ばかりの時はやはりキチンとするすべきでしょう。

 

受講者

そうですね、ほとんど一般の方は来ないですね。たぶん、癖、になるからでしょう。

 

受講者

そんなに頭が悪いの?

 

受講者

だって、みんな信者は、大雑把だから。聖地でゴッチャにも。

 

受講者

だから、そういうようになると、神、がおらないようになっていくじゃない。

 

受講者

だから、癖にならないよう、(施術を)するということなので・・・

 

受講者

心の中ででも、神様!って言ってたらいいですが、それすら見受けられないんでは?

 

受講者っそ!そうなんですよ。だから、自分でも、習慣・・刷り込みになってきて、しようとしない癖があるんで・・・。

 

受講者

神様を心の中ですら言うようにしない悪い癖、をつけているね。

 

受講者

うん。・・・結局、そういうことなんです。だんだん、知らないうちにそうなっていったんだと、こっち(メシヤ教)に来てようやくそう思ったんですけど。

 

受講者

御神前では?

 

受講者

パッパっと、猫が手を合わせる様な感じも少なくありません。

 

楳木代表

(笑)

 

受講者

それは、信仰ですか?

 

受講者

参拝してくるわねー、と言って、手を小さくペッペッペッペと、まるでお茶でもサッと飲みにいくような感じです。これは別に全国的にどこでもあることでね。

 

楳木代表

んー

(ここで、ワッとアチコチの教団についてアチコチで盛り上がって聞き取れず)

 

九分九厘へヒックリ返った○○○○会の話

楳木代表

で、いま○○○○会の話がでたけどね、恐ろしい話を聞いた。○○で○○経営をするために、(本当にひっくり返るような驚愕で非公開)

 

受講者

エッ?エ~~!?

 

楳木代表

○○○○の下の○○。(以降非公開)

 

「文明の創造」の作成 について

受講者

質問、いいですか?あの、文明の創造ですが、三重支部で作っているというのは科学篇がまだ・・・

 

楳木代表

天国篇が未完なの。

 

受講者

作っているということはどういう事なんですか?いままでのメシヤ教をもとに、文明の創造を作っていく

 

楳木代表

仕上げる、の。

 

受講者

全然無いんですか?天国篇は?

 

楳木代表

うん。

 

受講者

今本で出ているのは、御教えに残っているものなんですか?

 

楳木代表

そりゃもう。で、天国篇は残っているのは二項目しかない。

 

受講者

では、今までの御教えを基に、作り上げていくっていうことですか?

 

楳木代表

(頷かれる)

 

受講者

ああ、なるほど・・・

 

楳木代表

仕上げる。作り上げるんじゃなくて。

 

受講者

メシヤ様が生きておられたら、こういう風に作られるだろうな、っていう・・

 

楳木代表

そういうことじゃなくって、メシヤ様の御教えに基づいて、世の中をみると、こういうことが言える、と。

 

受講者

あ~(頷く)

 

楳木代表

っね。だから、我々は、こういう生活を目指して、生活していかないといけない、と。こういう構成です。天国篇は。天国人になる為の、

 

受講者

構成

 

楳木代表

構成をしていこうと。

 

受講者

ちょっと見ると、メシヤ様がそれまでにいっぱい出されているいろんな御論文ですよね、載ってるのは。それを短くというかパッと見てわかり易く見やすく、メシヤ様もああいうように纏められたということなんでしょうかね。だから、今まで出ている御教えをみたら、こういうふうになるっていう事で、纏めていかれるっていう・・で、それを、御教えとして出すんですか?

 

楳木代表

「文明の創造」を、通して、出す。

 

受講者

明主様の御論文をもってくるので、どれを選んでもってくるかの違いだけ、っていうことになるわけですか?

 

楳木代表

選んで持ってくるというよりも、この文明の創造の論の組み立てに沿えば、こういう事が、我々の目指すべきところです、という、解説、が加わるわけ。

 

受講者

あ、加える、わけなんですか

 

楳木代表

そう、だから御教えじゃない(御教えではない)

 

受講者

ああ、そうなんですか。じゃあ、今出されている分は、御教えなんですか、ほとんど、

 

楳木代表

ほとんどじゃない、全部

 

受講者

ああ!そうなんですか、じゃあそのままで

 

楳木代表

うん、そのままで。

 

受講者

メシヤ様が一生懸命書かれたという、・・時間を見つけて

 

楳木代表

時間を見つけて、ではなく、手を入れられた。

 

楳木代表

手を、いれられた・・?

 

楳木代表

うん、書くのは、口述筆記、だから。

 

受講者

あ~

 

楳木代表

ぅん、それに徹底的に手を入れられた。

 

受講者

それは、天国会と五六七会の、それぞれの、

 

楳木代表

それは、教義ね。

 

受講者

あ・・

 

楳木代表

それは教義、今の話は「文明の創造」のほうだね。

 

受講者

御教え読むと、同じようなのを、よく載せておられますよね。

 

受講者

それに、手を加えられた。だから、天国の福音とかああいうものに、だね、機関紙に御発表された御論文などに。

 

受講者

同じようなものが沢山ありますよね。

 

受講者

地上天国誌とかに載せられたのを、下の方とかをちょっと変えられてるよね。

 

受講者

一般に出すんですか?

 

楳木代表

ぅん

 

受講者

書店とか??

 

楳木代表

ん、一般書店に出さないと意味ないから。

 

受講者

そうですよね、あー。

 

受講者

一般書店出すんですか?

 

楳木代表

それを出すために、作り上げるですよ。

 

受講者

そりゃ読んでたらね、読んでもらいたいと思ったの、私みたいなバカでも(笑)、もっと頭のいい人だったらね(笑)もっといろいろ本読んでおられるからね、読んで見たらわかるかもしれないと思ったんですけど、最初のところなんか結構宗教的なことが書いてあるから、これは、このままではちょっと渡しにくいな、って思ったんですど・・宜しいんですかね?

 

楳木代表

宜しいです。

 

楳木代表

このままで?

 

楳木代表

はい。

 

受講者

そうですか・・

 

楳木代表

電子書籍も作ろうかと思ってるんだ。

 

受講者

はあ、いいですねえ。

 

受講者

あー、あのまま売り出す、と。・・・凄いね。

 

受講者

だから、御教えの部分は御教えでいいんだからね。で、足らない部分は、そこに秘密があるんだから。だから、そこを、しなさいよ、と。だけど、目標、というものを忘れたらあかん、ということ。

MOAさんは、目標を・・、真善美でもなくってね、もしそういう目標があるならばチョットずつでも薬が減っていく事をしないといけないんだけど、何故だかこう右下がりにいってるから、目標は、右上がりのここ(天国)にないってこと。「過渡期」ということをよく言ってるけど、ここ(右上がり頂点)に向かう過渡期になっていない、っていうこと。今なら、ここにいないといけないの。

 

受講者

それはそうなの、そこ(右上がり頂点)は全く無しなんだけど、・・・その過渡期って言ってきてるけど、だんだんズレちゃって、もう、戻れないんじゃないかな、ってさあ(笑)

 

受講者

だから、そういう人達のためにも、悪生活文化を変える文明の創造を、ね?

 

受講者

ぅ・・ン

 

受講者

纏める人が違うと、目標というものも分からない。キチンとした過渡期を説く・・・。今こういう時代だからこそ、と。それで、御教えで、最後こういう目標、道筋だ、とね。そうしたことを、説けないできたのは軸が狂っていたから最後も違う見込みとなった、コロコロ小手先を変えるしかない、という道理。

 

受講者

前聞いた時わからなかったけど、メシヤ教の場合は編集してもいいんだっていう、何のことか、わからなかったけど、そういう事なんですね(笑)

 

受講者

何のこと、というか、そこしか覚えて無いだけ。

 

楳木代表

っふプ(笑)

 

受講者

アハハハハ(照れ笑い)

 

受講者

あの、英訳っていうのは・・

 

楳木代表

英訳できる人が、来たらね。

 

受講者

アメリカの○○○さん、出来るだろうか?

 

受講者

いや、どうでしょうね。

 

受講者

留学してる娘さん、どう?

 

受講者

ウチは、駄目。○○さんの娘さん、ペラッペラだけどね。通訳できるくらい。

 

楳木代表

いや、ペラッペラじゃ駄目なの。

 

受講者

書けない。

 

楳木代表

教養が、

 

受講者

信仰がわからないとね。

 

楳木代表

いや、信仰じゃなくって、英語圏の文化をわかっていてもらわないと。

 

受講者

あ・・・。昔いてたんだけどな。英語圏の文化ねえ・・

 

受講者

うん、こっち(日本)と、両方と御教えと、読めてね。

 

受講者

メシヤ教に入ってきたら、っていうことでしょう?

 

楳木代表

そうそう。

 

受講者

(両文化や御教えの意味を知らないと)単語、すら変わるから。

 

受講者

誰か新しい人とか入ってくる人いるんじゃないですかね。

 

楳木代表

入ってくる、というより、作って下さいよ(笑)

 

受講者

ですよね、ホントすみません。

 

受講者

言ってみらたいいじゃない、娘に。ECCで教えてるんだし・・

 

楳木代表

っえ?ECCに勤めてるの?

 

受講者

っい、いえ!勤めてるんじゃなく、子供達に英会話教えてるだけで。いまブータン行ってる・・

 

受講者

ニュージランドに行っていたんじゃ。

 

受講者

それは私、の・・

 

受講者

プロの翻訳家とか・・

 

楳木代表

そうそう、そういう人と何回もやりとりしながら作っていかないと。向こうの考え方で英訳すると、全く違った英訳になってしまうのでね。

 

受講者

親戚のとこに・・

 

楳木代表

バイリンガルの人とかいる?

 

受講者

叔母さんはアメリカ人と結婚してますけど、駄目ですよね・・

 

楳木代表

やってくれるんだったら、挑戦してもらう、というのがいいね。

 

受講者

翻訳家がいるんだけど、病気で亡くなってしまった方の子で・・。

 

楳木代表

一番良いのは、映画の字幕スーパーの翻訳家になる人がいいの。

 

受講者

戸田さん(笑)

 

楳木代表

あんまり学術的な翻訳より、ああいう翻訳家の方が、真実を伝えれるんじゃないかな、と。

 

受講者

言葉がもう練られてますものね。

 

 

楳木代表

そうそう。まあ、関西もそういう人いっぱいいるだろうから、頼むね。英訳事業。

 

受講者

(笑)

 

楳木代表

それで、しつこく聞かんといかんね、ちゃんと英訳されてますか、どういう英語圏で、どのように響きますか、というのを確認していかないと。

 

受講者

そうですね。

 

受講者

はあ・・

 

受講者

だから、売れない本の翻訳をしてるのか、売れる雑誌の方を翻訳してるのか、と。マンガ雑誌でも、ね・・、極端な話。

 

受講者

はあ・・。じゃあ、・・あの子は結構アメリカにも、外国にも住んでおられたけど・・

 

受講者

特に、解説、の部分とかになるとそういうことは非常に大事だからね。日本語でもそうでしょ、雑誌でも、NHKの教育雑誌の堅いものとか、ああいう訳し方をされると困るし。

火をつけるような・・。

 

受講者

はあ・・、ウチの娘じゃ・・全然だわ

 

受講者

っふ(笑)

 

受講者

いやあ、案外、娘の方は、成長しているかもしれんよ。

 

楳木代表

いま、ブータンに行ってるの?

 

受講者

ええ、遊びに・・

 

楳木代表

あぁ

 

受講者

貧困とかね、児童福祉かなんかの・・。卒論が「貧困」にしてて、それで勉強になるからって、地震があった日に行ったんですけどね。だいたい勉強嫌いで高校も行かないって言ってたのに、何かしらないけど、大学も行って、英語勉強したいからってすぐニュージランド行ったんですけど、一年で帰っておいでっていって帰ってきて・・。そんなに出来ない(笑)

 

楳木代表

一回ここに連れてきて。

 

受講者

うちの娘ね・・(笑) 英訳出来ないと思いますよ、どう考えても(笑)。勉強して出来るんなら勉強するだろうけど。

 

楳木代表

その為の勉強を勉強してもらえばいいじゃん。

 

受講者

ああ・・

 

楳木代表

週に一回ここに来てもらって、支部長代理から浄霊頂いてもらって、御教えを少し取り次いでもらってね。そして英訳の勉強を、ずっとすれば・・

 

受講者

短大行ってて、今度教員免許取る勉強中。カナダか・・

 

楳木代表

○○さんの娘さんもイギリスに一年行ってた・・可能性のある人間はいっぱいいるから、そういうの集団でやってくれるといいね。

 

受講者

そうですよね。

 

楳木代表

これは違いますよ、これはこうですよ、こういう表現の方がいいですよ、と、集団でやった方が、だいぶ通じるようになる。それと、海外生活者と合わせて。

 

受講者

なるほどですね。・・・で、○○さんの御用がこうして待ってるんですけどね(笑)

 

受講者

アメリカにいてるんだからね。

 

受講者

○○さんは今はまだ無理なような気がするなあ。奥さんの方の理解とかもいりますし。

 

楳木代表

でも、回りの人でね、英国人の方ので、整えてもらっておいてと。

 

受講者

でも、樋○先生の関係がありますんでね、その線で何か・・・。で、立○さんが・・・まあでも、英語できる人っていうなら僕の所に来てるはずですけどね。じゃあ、文明の創造を出したいから、それが英訳できるような人を、と頼んでみましょう。

 

楳木代表

そうですね、お願いします。

 

受講者

うちの従兄弟には、ドイツ語くらい出来る人がいるんですけどね。○○大学出て、○○にいるんですけど。

 

楳木代表

へええ。じゃあ、ドイツ語も翻訳してもらわんと(笑)

 

受講者

翻訳すると、言霊の力とかはどのように・・・日本との差というが・・。

 

楳木代表

それはちょっと難しいところだけど、翻訳すると、それで理解してもらう、ということでしか。言霊的には、

 

受講者

日本とは違う?

 

楳木代表

ええ。

 

受講者

考え方が違うと。

 

楳木代表

やはり、日本語を覚えてるくらいでないと、高い学問というか、そういうことになってくるから。

 

受講者

それがゆえに、本当に真理というものを伝えていく役をしてもらわないと、ということになるんですかね。

 

楳木代表

いえ、結局ね、中村○○先生が文明の創造を翻訳したんだけど、その時に、キリスト教の神学者に(批判を)頼んだために。

 

受講者

(頷く)

 

楳木代表

だから、

 

受講者

色が入ったと。

 

楳木代表

色が入るんじゃなくって、・・外されたところがある。禁断の木の実は薬、だと、これは外さないと英訳出来ないと。

 

受講者一同

はあー

 

楳木代表

だから、これはね、肝腎なところを外されてしまった。そういうような事があるので、あんまり、識者に頼むと、そういう事が起きてしまう、ので充分英語のことがわかって、そして、こっちの言いなりになってもらわないと。向こうの言いなりになっちゃうといけないので。だから、バチカンから評価を受けたわけ。禁断の木の実を書いたら、評価してもらったかわからない。

 

受講者

でも、メシヤ様から評価されてたら・・(笑) どっちを選ぶかという

 

楳木代表

そそ(笑)

 

受講者

どっちがどっちか・・。今は受け入れられていくかもしれないしね、今の方が世の中、薬で酷いことになっていってるから、求める気持ちが強くなっていってるからね。(例えば、キリスト以外の光は邪だと思われる以上に、薬毒論と治ることへの高い評価)

 

悩める「無肥料米づくり」

楳木代表

ふむ・・、これ、上手に作ってるね。

 

受講者

一応、出来るだけ無肥料ということで・・

 

受講者

四国の親戚が無肥料栽培に切り替え何年かやってますが、毒がまだあり、今年は特に不作でしたので、購入させて頂き助かりました。

 

楳木代表

それは気候が関係してるの?

 

受講者三年前に転地返しとかしましたが余りにも毒が多すぎて、一昨年、親戚が近くの山の土をドサッと入れてしまっていて、土を総入れ替えし、新しく育てる順応が無いのは予想してたんで、

我慢して下さいと入ったんですが、初年は多少出来て、次年は落ちて、ここから上がるんではないかなと期待してるのが今年なんですが、御教えは読んでくれないし、やってくれるかどうか・・・心配だったのですが、聞いたら、「いくら出来なくても絶対やる」って言ってはくれたんですが。

 

楳木代表

冬の管理はどうしてますか?

 

受講者

そこは何もしてくれてないです。

 

楳木代表

3回くらい耕耘しておくといい。

 

受講者

雪がたまに・・・

 

楳木代表

雪があっても、窒素分を入れてくれるから、耕耘しておくと。で、山から土を入れると田の土じゃないんでね。これが、全く駄目なんだ。

 

受講者

その場合は、客土の方が良かったんですね。

 

楳木代表

そう、客土が良かった。土を総入れ替えすると、畑はいいけど、水田はなかなか難しい。水田は水を溜めないといけないでしょ。

 

受講者

そうですね、で、硬板とかの層と・・

 

楳木代表

それをどういうふうにキチンとやってるか、というのがね。田んぼだけは、土の入れ替えというのは、なかなか難しい。

 

受講者

やっぱり人工洪水しておけばよかったかな・・

 

楳木代表

んー

 

受講者

その地域は汚わいが入りすぎてます、異常なくらい。肥毒の壁が物凄いある。ありましたでしょ?

 

受講者

農協さんが止めとけというくらい肥料をやる地域だったんですよ。

 

楳木代表

ほお~お

 

受講者

で、そういう先入観がありましたので、これの毒を取るには総入れ替えかな、って口走ってしまったら、やってくれたんですが。

 

受講者

土を混ぜ込んだりしても、あまりに毒が多く、人間でいったらポックリいく寸前の。それを、間に合うか間に合わないか、っていう・・・。

 

受講者

ですね、非常に難しいところ。

 

受講者

たぶん今の耕耘機っていうのは浅くしかやらないんで、

 

受講者

ですね、25センチくらいまでしかどうしてもいかないんで・・

 

受講者

で、その下にコンクリートみたいな硬い土の層があって、その層を取り除いて、足らない分を客土するっていうのが一番いいと思うんですけどね。

 

受講者

届かないっていうのが問題だったんですが、ナチュラル・ハーモニーさんもされていますが、落花生とか他の植物を植えて毒を抜くとか・・、もっと細かくするなら蕎麦を植えてからという順序があったりするんですが、そこまで何年もかけて、っていうスタンスがとれないので。

 

受講者

結局、気付いた後は、もう土を入れちゃったということが(笑)だからあとは、せめて混ぜ込まないと。

 

受講者

今は、デカい田んぼは、ユンボでかき混ぜますよね。ああすれば、まだ少しは良くなるんではないかと。

 

受講者

それがあればね、って言ってるんですけど、ちょっと(予算が)ね。で、アオコも発生してね、川の水をとって富栄養化しすぎてると・・。

 

楳木代表

山手じゃないの?

 

受講者

少し山手です。田んぼの上(の方)は、山から綺麗な水は入りますが、(上の田んぼからの水も流れてくるので)気をつけないととは思ってはいるんですが(人手もないので)。しかし水は綺麗なので。

 

楳木代表

水が綺麗なの?じゃあ、そういう意味ではいいね。

 

受講者

上流に慣行農法は?

 

受講者

上にはないです。・・・しかし、出来ないなりにも、御教えに沿ってもらうにはどうしたらいいかと、そういう事を毎年考えさせてもらってることが、勉強にもなりましたが、作が良くないという事が・・・

 

受講者

出来たら、ユンボでかき混ぜるといい。ちっちゃいのでもね(笑)。自分で運転できればいいんだけど、(前に言ったように)入れちゃった時にかき混ぜれていたら良かったんだけど、(親族への負担を考えると仕方なく出来なかった)ね。

 

楳木代表

昨年は、実が成らなかったわけ?

 

受講者

実は小さかったですし、分けつがほぼありませんで

 

楳木代表

ほーお

 

受講者

一株が5本とか・・

 

受講者

余計混ぜ込まないと。

 

受講者コンバインを入れるのに角をきりますけど、いくらでも掴めてしまうという(笑)。豊作でしたら三回もきればこう・・

 

楳木代表

ほお~、で、その藁はどしてる?

 

受講者

コンバインから出る藁は、長藁にして出してます。カットすると撒いていくので・・・。どちらがいいかなと思いつつ、長藁にして、それを使って畑に被覆したりしてますね。その場合でしたら、入れたほうが?

 

楳木代表

その場合なら、田んぼの中に入れたら良かったかもしれないね。その稲からは何も入ってないでしょ?

 

受講者

はい

 

楳木代表

土入れ替えてるから肥毒とかそういうのもないだろうから。

 

受講者

種も取ってますし。

 

楳木代表

うん。

 

受講者

今年は、昨年よりは良くなって欲しいなと思いますね。しかし、無肥料栽培が、昨年、気候が悪ければ悪いほど、出来が良かったので、そういうことは、早く声を大にして言いたいですね。で、親戚の米でも、立証したいと思うんですけど。

 

楳木代表

まあ、昨年は、九州のお米は良かったには良かった。ただ、水の管理をキチンとしてない人は駄目だった。夏があれだけ暑かったから。水の必要な時に、水をキチンとしておけば、後は、好天だったから…、稲が一生懸命働いて作り上げてくれるんで。だから16,7年やってきて、最も出来が良く味が素晴らしかった。

 

受講者

そのくらいすると、種子にも力がありますものね。(その親戚の所では、少々なら)水が少なすぎたなと思ってもグンと根を張ったりもしますが、最初はなかなかそこまで生命力が無いので・・しかし、分けつがそこまでというなら、硬い。

 

受講者

もう、硬いですね。くっと抜けますからね、根が張って無いので。

冬でもきちんと(耕耘)しないといけないね。

 

受講者

最初、砂山を削って、荒地の所に、最初畑を作りますよね、でも出来ないですよ、野菜も芽を出して、ちょっと伸びたら、また縮んでいくような感じでね。それから40年たって、ようやく、成るかなっていう感じになったんですけどね。砂地だから、生えた草とか入れていく感じでね・・土を作っていくんだけども、新しいものっていうのは、それだけ能力が無いっていうことですね。

 

受講者

そうですね。・・結構、もう歳になってきてるので、生きてらっしゃるうちに(笑)黄金色の田んぼを見せてあげたいなと

 

楳木代表

あー(笑)

 

受講者

だから、そのまんまのやり方で、ユンボでも入れて、天地返しして、それで御浄霊で肥毒を抜いて頂いた方がまだちょっと早く回復するかなと。(実は、無肥料にした最初、一般農家にも示したく、浄霊無しでチャレンジしたかった意向がありました)

 

楳木代表

どれくらいの深さ入れ替えたのか・・

 

受講者

そうですね、水が漏らないように下の硬板ごと、ガンガンガンと機械で打って、上土に30センチくらい山土を入れたと。だから、田んぼまがい、というような・・

 

楳木代表

・・・・

 

受講者

硬板というのは、取らなかったんですか?

 

受講者

取りました。

 

受講者

取ったんですね。

 

受講者

ええ、ただどのくらい掘ったのか(掘って取ったのか)は、定かじゃないんですが・・

 

受講者

じゃあ、一番おいしい部分の25センチの所は取ったんですか

 

受講者

ええ、取りました。それは畦に・・

 

受講者

その下の硬い部分は、定かじゃないくらいにしか、取っていないと。

 

受講者

取ってないと思いますね。

 

受講者

じゃあ、大事な(濃い肥毒層)部分を取ってなかったんですね。

 

受講者

そうそう、(親戚は土を入れるだけの負担で精一杯だったけど願わくば)上の(マシな部分)をのけておいてね、そっち(肥毒層全部)のを捨てれば良かったんだけどね。

 

受講者

上のを削って硬いのをどけて、それで表土を客土で入れてかき混ぜれば、

 

受講者

そこまでなかなか、仕事があるし、また善意でトラックでポンポンポンポンほおり込んでくれただけなので(笑)

 

受講者

(御教えを伝えていきながらだったが)たぶん(結局は)肥料を入れるだろうと思われて、土入れて田んぼに苗が植えれたらという考え方だったので。

 

受講者

だとしたら、畑にしちゃたほうがね

 

受講者

そうですよね

 

楳木代表

畑の方がいいくらい。山のをもって来たから。

 

受講者

でも、畑より米が、でしょう?まあ、(歳だから)諦めて立派な野菜を召し上げる、というのも手だし、もう一度ね、何年かやってみますから、ユンボを、とね。いずれにせよユンボ(レンタル)で知り合いか誰か運転してもらって。・・・その方に手作りの○○をお渡しして(笑)

 

受講者

ハア(笑)そうですね・・、どうしようかと。悩み悩み・・・

 

受講者

結果として、野菜の方が早く・・結果が出るかもしれないですねえ。

 

受講者

豆とかだったら早いんだけど・・

 

受講者

ここまで来てしまったがゆえに(親戚にお願いしてきただけに止めたくない)、

ということがありますし、私1人では、

 

受講者

そうだねえ、そこがあるからね。もう一歩進み出せれないところがね。

 

楳木代表

その親戚の方はもともと農家なの?

 

受講者

兼業です。仕事の方が主で・・・。でも、そのお陰があって、やりくりが出来るので。

 

楳木代表

なるほど。

 

受講者

難しいところなんですけれども。いまお位牌の話もさせてもらっていて・・・位牌が無い宗派で、浄土真宗・・

 

楳木代表

の中の

 

受講者あぁ

 

楳木代表

一つがね、位牌を全く置かないんでね。

 

受講者

まあ、(支部長代理からの話も)頂いてもいましたので、準備をする段階にまで進んでいるんですけど、やはり、御教えという裏づけがあってやってくれていたらいいんですが、・・。

 

教団の「経済難」雑話

 

楳木代表

一人からでも、もう、支部だから。

 

受講者

そういえば、MOAの自然食の会社が合併しますが、教団からの支援が昨年秋頃にストップらしいです。それで、大変、経営が危ないくらいになっているようで、あとは職員の努力次第で、潰れるなら潰れてもいい、というトップの話があったようで・・。

 

受講者

自分達が潰すような舵を切ってたのにね。経費削減など経営努力をしても、△4000万見込みが、現実的予想は△1億で、もう会社は現状推移では危ないということらしいですよ。

 

楳木代表

東方之光教団は、借金300億くらいあるでしょ?

 

 

受講者

たぶん増えてると思いますよ。

 

受講者

400億くらいはいってるのでは・・・

 

楳木代表

担保は?

 

受講者

土地でしょう。それと箱根。

 

受講者

そうですね、箱根聖地もですね。

 

受講者

そうです、それで銀行から借りていると。

 

受講者

銀行に押えられると・・・

 

受講者

だから、EMで金儲けしている「いづのめ教団」に頼もうとしていたのが、和合決裂で、望みはなくなったので、どうするかですよ。

 

受講者

四面楚歌の状態・・・

 

受講者

そういう言葉が当てはまらないくらい、酷い。

 

受講者

潰れるんなら潰れろっていうのが(笑)。MOAで美術館も大借金したんでしょ?

 

受講者

借金は療院建設じゃないですか。

 

受講者

どれもこれもで(笑)MOA美術館も今の入場者では全然・・・

 

受講者

美術館は300億かかったって聞いたことがあるんですが

 

楳木代表

あれは、57年の100年祭の時の献金で全部返済し、なおかつ220億残ったので問題が起きちゃったの。

 

受講者

先生は設計かの担当で・・・

 

楳木代表

いや、報道のほう・・・美術館を紹介するほうだから。

 

受講者

療院とかタダでやればいいですが、それはダメですか?

 

受講者

いやお金かけてますから・・・

 

受講者

借金なんで(笑)で、まだ懲りずに作ろうと言ってるんだから。

 

受講者

そりゃ、マズイですねえ。

 

受講者

最後は、信者は死に物狂いで布教すると思いますね。とにかく、明主様の機関であり、その方針が絶対的な御意思だっていうこと徹底して、専従者もそう思い込んでるでしょう?だから、専従者自らも悲壮になってかき集めると思いますよ。

 

受講者

で、そういう時にまた問題でも起きれば、目が醒めるかもしれないですけどね・・

 

楳木代表

全部、(療院に)入れてるんですかね。

 

受講者

ヤリクリも上層部で極秘中の極秘の中で、

 

受講者

それはね、正常で動いていたら極秘でやっていたらいいんだけど。公開して、それが逆に(どこかが)MOAを救うということにもなるかもしれない。

 

「救世(きゅうせい)会館」に続いて「水晶殿」もか!?

楳木代表

今回もう一つ恐ろしい話を聞いたんだけど、「水晶殿」、結局建て替えになる、という噂が出ています。

 

受講者

っえ!?---改装までは聞いてますけど

 

楳木代表

立て替えでないと、補修できないんだって。なぜかっていうとね、つつじ山の下の道路を拡張する時に、石を一回のけて、拡張して、石を奥に押し込んだんだって。その時に地盤整備をキチンとしていなかったんで、中が空っ空になって、少し沈み込んでいるために、歪んできちゃってる、と。

 

受講者

熱海の岩盤の上に作っている意味が無い。

 

楳木代表

改装の流れが、立て替えになるようだ、って聞いたんだけどね。

 

受講者一同

(唖然)

 

受講者

MOAの債権、解約しようと思うんですけど、どこに預けたらいいですかね?

 

楳木代表

いくらもってるの?100万?400万?

 

受講者

いや、そんなに無いけど、どこに預けようかなと

 

楳木代表

そんなに迷うくらいもってるんだ(笑)

 

受講者

無いから預けるんですよ(笑)。

 

受講者

いくらなんだ?皆にiPadかって貰う瀬戸際なんだか。

 

受講者一同

(爆笑)

 

楳木代表

解約するんなら、早くしたほうがいい。

 

受講者

現金で持ってたら?どうせすぐ使うんだから。

 

楳木代表

1000万以下であれば、郵貯に入れておけばいいし。

 

受講者

そうですね、そうしますわー

 

受講者

家が潰れたら大変だから、ここにもってきたら。

 

受講者

退職後のお金なんでぇ(笑)

 

楳木代表

(笑)しかし、今回、地震でね、タンス預金相当してたみたいだね。

 

受講者

ですね。

 

楳木代表

それが、みんな流されちゃった。

 

受講者

御在世当時のメシヤ教と今のきゅうせい教とは、違うから・・・(プライバシー上非公開)

 

「病気はお医者へ」病 が大流行!

代表先生

対立的な感情を持ちやすい人は、心臓が悪くなってくるからね。年とってくると。

(プライバシー上非公開)

(大震災支援の話)

(大変な重篤な症状の子供が浄霊だけで治った方の話)

 

受講者

そうした子供の病気についてでも、浄霊だけで治ったということを、MOAが纏めていれば良かったのにね。○長や○員に言ってよ。

 

受講者

いやあ、そこまで信念は・・。○長は全然信仰してなかったんだから、お母さんのアレでしただけで。○員は、自分の家族だけは浄霊でってやってるそうですよ。

 

受講者

農家と同じじゃない。全国無肥料だったのを、何も農薬使って広めなくても、目的の無肥料は現実広まってるじゃない。環境汚染やいろいろがまだマシな時代にやっとけばよかったものを。堕ちて堕ちて、目標は遥か遠く・・、実質諦めてるでしょ。治るのも。

 

受講者

もう、専従者も風邪ひとつも治せなくなってですよ、だいぶ前からね。昔はみんな風邪を治していたんだけど。養生も問題もあると思うんですよ、浄霊だけでなくて、暖かいものを食べるとかしてないので。

 

受講者

暖かいものという事もあるが(今は原始的家屋や環境でもないし)、根本的に、御浄霊という絶対的な事自体ががわからんと。

 

受講者

わからんという感覚が無いんですよ

 

受講者

いや、「治そう」いう感覚なんです。

 

受講者

だから、火なんですよ、ダイコウミョウシンシンの力では駄目なんですよ、多分。

 

受講者

一応、明主様とかメシヤ様という言葉は出しては来てるんだけど、よくわからんと。真ん中がミロクオオミカミ様ですが、実際、どこを主軸に定めて、ハッキリやっているかわからないですよ。つまり、漠然として頭に入って、やっていると。

 

楳木代表

それは、浄霊せんでも治る。

 

受講者

それがね、御浄霊していても、肺炎にさせたりするので。

だから、そういう何もしないで養生という知識もいるな、と思うんですよね。

 

受講者

浄霊して肺炎になったって(笑)、 風邪の浄化を越せれる浄霊力なら、肺炎は最初から肺炎だけどね(笑)。

 

受講者一同

(爆笑)

 

受講者

いやいや、浄霊したら治ると思ってやってて、しかし養生せず粗末にして、肺炎になった場合も結構多かったですよ。

 

 

受講者だから、ほおっておいても治るくらいなものという認識と、治らない浄霊ゆえに、肺炎となれば細かくへんなコジツケをして(コジらせて)いってる事が多い。

 

受講者

んー

 

受講者

フタを開ければ、ほおっておいた方が良かったということがある。(肺病モドキもあるし、なったらなったで)もう少し我慢しておいてほおっておけば治ることがあるっていう事。目利き。無いから医者にかける。

 

受講者

そうだね・・・。ちゃんと、浄霊徹底したら、実際は、そんなにかからないのにねぇ。

 

受講者

いや、そうじゃない。新型インフルエンザでも、審判来たかのように大騒ぎしてるくらいだから。治るなら、騒がない。

 

受講者

○長は親が医者で・・・

 

受講者

とにかく、そうした人達に、しっかり話が出来るように、と課題にしてたでしょ。メシヤ教のほうと、あっちのほうと、両方しっかり物事を見れるようにと。そして、あらゆる質問から答えれるようにしなさい、っていう準備を。わからんのは、聞いてくれればよいんだから。

 

受講者

なかなか(笑)

 

楳木代表

鎌倉支部に行った時に、私が本部に入りたての時に隣の部署にいた女の子が来ていて、「お久しぶりです」っていうから、どちらの女性だったなかあと思って。

 

受講者一同

(爆笑)

 

楳木代表

で、メシヤ講座の際にね、私の真ん前に座っててね(笑) で、・・・「どなただったかなぁ」と

 

受講者一同

(爆笑)

 

楳木代表

者聞いたらね、旧姓を言ったのでね、で思い出せたんだけども。その人、乳がん・・・。○○○○教団の。

 

 

受講者一同

(シーン)

 

楳木代表

で、抗がん剤治療してたんだけど、止めて、浄霊一本でいくという素晴らしい姿勢になってね。(中略)しかし、○○○○教団は、そういう指導しないのね。かの有名な○○教会の所属だから。○○○○教団の雛型のような、本拠地だから。

 

受講者

へえええ。○○先生や、○○先生のところですよね。

 

楳木代表

うん、そこで、キチンと浄霊の指導をしないんだから。

 

受講者

カリスマ性のある先生のところですよね。

 

楳木代表

そうそう。

 

○○之光教団の信徒を救うには?

受講者

あの~、メシヤ教は、誰でも彼でも、入会ってわけにはいかないですよねぇ?

 

楳木代表

それ、どういう意味ですか?誰でも彼でもって・・(笑)

 

受講者

(笑)アッハ

 

受講者

(笑)で、個性の凄く強くて、昔、沢山開拓布教をしていた人なんですが、話を聞きたく、・・また浄霊を受けてみたいと言ってるで、話してみようかなと思ってるんですが、あんまり個性が強いのは・・・

 

受講者

それは、いわば悪気なきスピーカーだよ、だけど、普通のこともおかしく言うでしょ?

 

受講者

そうなんですよねぇ・・

 

受講者

メシヤ教はこういう考えだって勝手に取り違えて広める懸念が、大きすぎるってこと。

 

受講者

なるほど、やっぱりマズイですよねえ・・

 

楳木代表

あと、東方之光教団の癖というものを知っておかなければならない。前の世界救世教の布教のやり方は、説得型、なのよ。

 

受講者

あぁ・・・、そうなんですか、

 

楳木代表

だって、今、「私も言おうと思う」というでしょ?

 

受講者

はい・・

 

楳木代表

「言おうと思う」という布教は駄目なわけ。

 

受講者

あ、そうなんですあ。でも、言葉を磨いて伝える、というのは必要だと思うんですが、私、苦手だからどうしようかと(笑)

 

楳木代表

うん、そういう開拓布教をしてきた人には、聞いてやればいい。聞いたなかから、メシヤ様の御心に適うところはここだ、と。これはメシヤ様の御心に適いません、と。こういうふうに立て分けてあげないとね。

 

受講者

なるほど、この部分は適って、この部分は適っていない、と。

 

楳木代表

そうそう。で、適っているから御守護があるんだ、と。これは、適っていないから御守護がないんです、と。だから、MOAは駄目なんです、とハッキリ言えないと駄目なんです。

 

受講者

っえ、駄目なんです、って言わないといけないんですか?

 

楳木代表

だって、メシヤ様の御心に適ってないから。

 

受講者

・・今、オカシイなと思いながら、結構合わしてやってますけど。

 

楳木代表

うん、だから、オカシイなと思ってやってるから、曇りを発生させているわけ。これが、(オカシイことを解決せず、また、曇りを作るから)幸せにならない最大の原因、だから。

 

受講者

はああ、なるほど。

 

楳木代表

っね。メシヤ様を求めながらも、オカシイな、と思ってやってると、オカシイなと思っていることで曇りを発生させている。これが不幸を生んでいるわけ。メシヤ様の信仰をしながらも、不幸になっていくということは、そういうところが原因なわけです。

 

受講者

それで曇りを発生させているとしたら、私には手の負える人ではないんですけど

 

楳木代表

ふぁぁは(笑)

 

受講者

いや、ホンマに・・

 

楳木代表

いや、そういう事がわかった上で挑戦する、っていうと意義がありますよ、ということ。そういう点をキッチリ整理して、やっていって下さい。

 

受講者

はい

 

受講者

・・・で、確かに幸せは無いんですよ。

 

楳木代表

はあ・・・

 

受講者

ずっとやってきましてもね。

 

楳木代表

曇りを発生しつつ徳を積んでも

 

受講者

いや、もおう、見るからに曇り発生して曇っている人なんですけどね。ちょっとどころじゃないんですけどね。すっごいきつい癖があるんですよ。

 

楳木代表

で、浄霊の意義っていうのは、曇りを浄霊の光によって浄めるっていうことでしてるのに、一方で、曇りを発生させながら浄霊をしているという、差し引きゼロになって、(もとの沢山の曇りを背負ったままだから)自然と不幸になっていくということになってるんだね。

 

受講者

実際不幸が多いということは、・・不幸ばかり続いてるんで・・・。そうですね・・・

 

楳木代表

うん

 

受講者

・・・御教えをしっかり入れていないと

 

受講者

浄霊で治っていくのに、浄霊で治っていかないという・・オカシナなことになった・・・。施術となり、”量でカバーしろ”とか、やっている。”いや、30分で治るんだ”といいながら、治らないからまた”量”をやっている。本質は枝葉なんですが、検討違いの枝葉で、そればかりで、かつ、同じところを繰り返している感じです。それで、現実は治らない、と。結果が全て、です。

結果微々たるを省みず、光が見えると喜び、光が強いと誇らしげで、結果治ってないから、悩み曇るんです。とにかく、威張る。大変優秀な正規の霊能者関係でも、MOAという名前を初めて聞かすと、急に暗くなり口を閉ざし、「そんなところに・・」と絶句される。「我の強い人ばかりで、そんなところにいて、辛くないですか?」と優しく心配される。だけど、誰がみても暗いです。子供や青年が寄り付かないのも当然です。二級なんかになると、威張り腐ってる。よく、腹を立てた人たちが私に相談しにきた。急に三級を見下し、言う事をきかせる(笑)二級といっても、誰でも通る簡単なものです。また金がいるんですよ、七万も!(笑)

問題は、資格をかかげ、それで治らないんですよ。改善、変化、は確かにあるんですが、それが信仰相応の証です。いや、信仰じゃななく、施術技術の証、といったほうが近い。結果において、級など関係ない(笑)。そうそう、他教団が光が見えると聞くと、得意の枝葉を取られたもんだから(笑)、で、躍起にそこを攻撃するんですからね、実に情けないです。

大勢が幸せになっていかない、それが全てで、言い訳をコロコロ変えるなんて、医者とまるっきり同じことをやっています。本部役員は”試行錯誤してる”とか、”産みの苦しみ”とか言ってますが、しかし、いつまで苦しんでるんだと(笑)。「試行錯誤をし過ぎ」ですから、的外れな機関銃方式、とおんなじです。

 

受講者

それは前からあるんだけど、言われへんから、ねえ。年も上で、凄く怖いですしね。

 

受講者

そういうことでなくて、

 

受講者

だから、メシヤ様の観点から言わせてもらえればいいってことね。

 

受講者

そういうこと。話を聞いてあげて、こういうトコロは違うと。それには(御教えを伝えることは)年もクソも無いので。

 

受講者

そうですね。

 

受講者

(プライバシー上非公開)

 

楳木代表

で、メシヤ教とか関係無くってね、寂しいんだったら会ってあげて・・。「今日は会いに来たよー」くらいにして。そこからスタートすればいいんじゃない。

 

受講者

浄霊して欲しいっていうことも・・・

 

楳木代表

浄霊もしてあげて下さい。・・強烈な浄霊を(笑)

 

受講者

最初から、あれこれ請け負わないようにね、どっちに転ぶかわからない。よく、逆手にとられるから。そもそも教団からは、他教に触れると、徹底監視する。まあ自分の方が優秀だと思ってるんだけど、そうなら触れさせてみたら余計宣伝になるのに(笑)ビクつく必要もないのに、やたら入信数を気にして、恐れる。もう数ヶ月、ご苦労さんで(笑)

私からみると、気の毒に檻に入れられているんだけど、信者自らも入ってる。だから、責をすべて教団のせいに出来ないから、自分も不幸をかぶる。まあ要領よく・・

 

受講者

ああ、はい。

 

受講者

だから、気軽にハイハイではいけない、ということで、言ってきたんだよ。

 

受講者

・・・。MOAの経綸が、シッカリ頭に入ってしね。で、今度の出る御教えも、買え買えって言ってくるんですよ。

 

受講者

・・・(笑)

 

楳木代表

そういう時に、私は、「全集を買おうと思ってる」と、こう答えればいいんだ。

 

受講者

そうですね

 

「全集」や「御書」の一般入手

楳木代表

いま全集はオークションで65万から80万くらいかな。

 

受講者

50万で頂きました。

 

楳木代表

あ、それは良かったですね。

 

受講者

古本屋で80万でした。

 

楳木代表

子供が出すんだね、親が亡くなった後に。

(御書を多く取り扱う骨董屋の話など割愛)

 

「大宇宙」と「太陽系宇宙」のおはなし

受講者

あの、ブラックエネルギーが宇宙の2/3くらい占めているってテレビでやっていたんですけど、宇宙が拡がっていくとブラックも拡がるんですが、ブラックは霊とは、違うんですよね?

 

楳木代表

エネルギーだからね。

 

受講者

ブラックエネルギーって「曇り」ですよね、早い話が。

 

受講者

「曇り」なんですか。

 

受講者

霊粒子の、じゃないよ。

 

受講者

テレビは無いので知らないが、地球と宇宙とが外側で引き合う。水滴と引力・・。で、宇宙の場合は、ゼロ(+-)、真空だけれども、確かにエネルギー(ス、一)があるってこと。それで、素でいうと、宇宙素が水素(ス神〔二神)、太陽素がヘリウム(四組の神)、地球の酸(力、○、王)素、と。で、

 

受講者

で、「文明の創造」で。全然話変わるんですけど(笑)

 

受講者

ええよ(笑)

 

受講者

タテとヨコの綾状になっているっていう話なんですけどお(笑)うふふふふ

 

楳木代表

(笑)で、我々のは、最後まで説明してあげんといかん、

 

受講者

ウフフフフフ(笑)あんまり話変えたら怒られるね。

 

受講者

(笑)いいよ、今のは(いつもより)、流れに沿ってるね(笑)

 

受講者一同

(大爆笑)

 

受講者

ぶふふふふ(笑)で、綾状にっていうのは、イザナギ左回り、イザナミの右回りと何か関係あるんでしょうか?こう十字の・・・

 

楳木代表

それは、綾状の、ですよ。

 

受講者

ああ、そうですかあ

 

楳木代表

いまね、科学で生命をつくるという実験で成功したのはね、太陽を中心に置いて、地球を置いて、その回りに月が回るようにして、太陽をグルグル回転した時に、地球の模型の中に塩基が出来た、

っていうところまではわかってる。だから、この構造と実験の仕方で、生命がつくられるというというところまでは科学でわかっている。で、科学者は、この構造をつくったのは、Xという存在でしか作れないと言ってるの。だけど、我々は最初からXを神様だってわかっている。信仰者はわかっているから。

 

受講者

ああ、なるほど。ちょっとでもズレたら誕生しないと・・・

 

楳木代表

で、太陽がこう回って、月がこう回って、これはまさに(火水が)綾状に回ってる、一番大きい姿としては。

 

受講者

で、月が地球に当たって、それで回りが遅くなって、どんどんこう遠ざかっていくっていう、

 

楳木代表

遅くなってではなくて、月が回って、月が一年に4cmずつ離れていってるの。で、引力が少しずつ弱まっていってるの。で、遺伝子に対する引力が弱まっているから、体は進化するわけ。

 

受講者

あ~、なるほど。

 

楳木代表

で、メシヤ様が地震のことについて書かれているのは、日本海側は繋がっていたけれども、

地殻の収縮によって陥没していったために、日本海が出来たっていうことで、この収縮がまだ続いているから地震が起きているってわけだ。

 

受講者

昔の方がもっと大きく収縮していましたよね

 

楳木代表

そうです、初期の方が、地殻の変動が大きかった。

 

受講者

じゃあ、いまだんだん落ち着いて来ているんですか

 

受講者

収縮論と、動体中の不動体論、とどういう風に繋げれるべきでしょうかね、

 

受講者

あの、植物が出来たっていうのも、動体中のと、関係があるってことですよね?

 

楳木代表

それは、地球のことを一番仰っていると思いますよ。

 

受講者

プレート移動説も、収縮して、のめり込みと・・

 

楳木代表

ええ、プレートはそうですね。科学的、には移動っていうことだけですからね。

 

受講者

ただ、地球や、太陽、それぞれ回りに星がある、それは宇宙線によって繋がりがあると、

 

楳木代表

ええ

 

受講者

で、その、何故宇宙線が飛んで来るかっていうと、地球なら地球に、栄養素を与えているんだと。

 

楳木代表

ぅん

 

受講者

太陽なら、太陽素が降り注いで来るっていうんだろうと。だから、完全に収縮し切るっていことは無いんだろうと思うんですが、そこが、また、微妙な解釈になると思いますけどね。

 

楳木代表

ただ、今は、モアイ像のあたりが、伊豆半島まで収縮して入り込んで、くっついたって言われてますけどね。だから、収縮っていうと、相当回転してるっていうこと、中が。

 

受講者

なるほど

 

楳木代表

で、この辺のことが、まだ科学では全く解明してないですよね。

 

受講者

それこそ、収縮しちゃえば、それこそ、もう、生命は無くなっちゃうわけですよね。で、生命があるってことは、他の天体から栄養素が来てるから、呼吸で生きてるっていう。だから、収縮し切れないで・・それでも多少は収縮するんだろうけど、肝腎な部分っていうのは永遠に続くっていうことでもいいのかな、って。

 

受講者

いや、収縮しても、ダイヤモンドみたいに(ダイヤも崩壊するが、永遠の表現)、ずっと続く場合もありますよね。だから、要は、霊気・・土素が無くなっていけば、っていうことですけど、ただ、地球にあるものは、中にもっと(天ある限り地も無限的)大きいマントルとかいう動体がありますから、あそこから地殻を通して窒素(地の主生命)とか出続けてます(呼吸のうちの呼気)からね。ですから、そういう意味で、土の霊気というものがありますからね、そういうのが失われない限りは・・。

で、硬化作用っていうのは、万物にありますが、最後は石ころになって圧力かかって宝石になっていくという場合もありますが、しかし、硬化というより逆に霊が抜けていくと、役目を終えて、そうするとボロボロになって生命が無くなるってことになりますが・・・。なお、御教えにある通り、ボロボロになったとしても、土素は永遠だと・・。人間でいうと、灰になっても、もっと細かいレベルでいうと、土素は永遠にあって、ということになりますね。

 

受講者

ふーん

 

受講者

だから、御教えにあるよね、地球が中心だって。

 

受講者

太陽も御神体で、天地という

 

楳木代表

そうそう、地球は中心だけど、宇宙の中心の中心と、宇宙の中心というのはまた違う。

 

受講者

ああ、なるほど・・あのですね、来年の12月に何かあるって何かに書いてあったんですけど

 

受講者

また話がそれた

 

受講者

いま、大事な話が(笑)違いさっていうことを・・

 

受講者一同

(爆笑)

 

楳木代表

だからね、地球も太陽の回りを回っているからね、物理的には中心じゃないわけ。

しかし、地球のために全てがあるということからすると、地球が中心だっていうことになる。

 

受講者

地上天国を作るっていう・・

 

楳木代表

だね、他の天体には地上天国は出来ないわけだから。地球にしか地上天国が出来ないわけだから。

 

受講者

大石凝さんの全集を読んでいると面白いですが、地球という玉なんですが、そこから3倍、さらに3倍というように次元を右回り左回りしていくという。つまり333の次元を超えてなんですが。それで神様の解剖論では、タカとカミの結びがあるということなんでしょうが、これがいわばプラスとマイナスで、プラス同士で天が出来て、マイナス同士で土が出来るって言うことで。だから、地球(物質)が出来る前の、第七、六、五次元(宇宙創造の前の個性無き神霊粒子の次元)の話だとも思えるんですね。

 

楳木代表

「観音講座」の骨子はあそこ(大石凝真澄全集)からきてるんじゃないかと思うね。絵が書いてあるでしょ?天之御中主之神、タカミムスビ、カミミムスビの・・

 

受講者

ええ、で地軸の絵も

 

楳木代表

あれはたぶんあそこから採用されているんじゃないかな、と思う。ただ、333とかは、みんなにはわかりにくいから、ああして簡略してお描きになられたんじゃないかと思うね。

 

受講者

あぁ!、なるほど・・・、ですね。

 

楳木代表

ぅん。で、「観音講座」が入信教修だったからね、初代の。

 

受講者

あんな(高い)レベル(笑)だから、 いまの教修など・・

 

楳木代表

だね(笑)

 

受講者

で、今みたいにプリントじゃないから。御話され黒板にあのくらいのものだけお描きになられて、それでわかるという・・・

 

楳木代表

そうだね。

 

受講者

だから、頭が良かったんですよね

 

楳木代表

で、それで「感動」してきた人達が御奉仕されていったんだから、「布教力」があるわけなんだ。わかって、布教しているわけだから。

 

受講者

あれだけのものを理解できるっていうことは・・、当時頭のテッペンに熱があるっていう人は珍しかったけど、今の人が聞いたら、感動どころか意味がわからない、っていう・・(笑)

 

受講者

三日間やってたっていう

 

楳木代表

七日間・・・。第七講まで、一週間やってた。

 

受講者

戦前ですか、やってたのは

 

楳木代表

そうそう、(昭和)10年から

 

受講者

10年っていうと、ホンの少ない数やね

 

受講者

少ないっていっても、何十人っていうことに

 

受講者

「岡田茂吉全集」で確認するとそうやって少なかったですね

 

「智の磨き」を避け、安易に走る

受講者

ただ、「観音講座」はハッキリ書いてますものね。

 

楳木代表

そうですね、皇室に関することだけは気をつけてね。

 

受講者

天照大御神様とか御稜威とかですね、で、薬毒についても(七講など)はっきり薬は絶対入れたら駄目だって書いてますものね、だけど、何行だけか抜き取ってきて、ね(笑)

 

受講者

あの、歯は、消毒薬?だけはしてもらわないと、

 

受講者

麻酔薬。

 

受講者

あ、麻酔薬だけはしてもらわんといけないんでしたっけ?麻酔は強くないですよね?

 

楳木代表

強いですよ。

 

受講者

強いんですか?

 

楳木代表

強いですよ。メシヤ様は、局所麻酔が一番悪いって書かれているんだから。

 

受講者

全身麻酔より?

 

受講者

うん。だから、歯の治療は一番悪いっていうことだ。

 

受講者

ええっつ・・

 

楳木代表

うん。だから、こういうことをもって実際に組み立てていかないと。

 

受講者

でも、悪いっていう・・

 

楳木代表

悪いっていうんだけど、メシヤ様は使っていいと仰ったんだから、じゃあ、歯医者に行ったときに、どういう体勢をとっておくか、ていうこと。

 

受講者

・・むっつかしい・・

 

楳木代表

難しく無い。すぐ御浄霊すればいいんだから。

 

受講者

いやね、消毒薬を使わないよう説明しなさいっていうことで、

でもなかなか難しいという・・

 

楳木代表

そりゃいいです、って言えばいいんだから。

 

受講者

えっ・・、そりゃいいです、って?

 

受講者

アレルギーなんで、って

 

受講者

っていうか、もう何十回も同じこと(説明のし方を)話してるじゃないか

 

受講者一同

(大爆笑)

 

受講者

っでも、来なくていいです、って感じなんですよ、歯医者さんにとったら、

 

受講者

だから、探せばいいでしょ

 

受講者

もう、通じないから、さよならって感じなんですよ

 

受講者

だからね、さよなら、っていう歯医者もいるけどね、本当の真理を・・、こういう歯医者さんもいますよ、っていうことを伝えていかなくてはいけないんだよ。

 

受講者

・・・

 

受講者

で、言ってるでしょ、(何十回も御教えや医者の本で)消毒薬の怖さを。歯にはどういう点で怖いかっていうことを、

 

受講者

ほとんど、かかることないんだけどね。

 

楳木代表

かかることないんだったら、そんなに悩む必要ないでしょう。

 

受講者

いや、かかることがあるかもしれないからね。どういう風に・・あっ、いやあ歯医者はいいって聞いたので、消毒薬もいいのかな、って今聞いたんですよ。

 

受講者

僕もね、小学校の時にね、注射はやったことはないんですけど、歯医者の麻酔だけはやったことがあるんですよ、虫歯抜くときに。それは、うちの父が言うには、明主様は、歯医者は大工なんだからいいんだ、という許可が降りたんだ、と。ということで使わせてもらった。

しかし今はね、うちの近所に歯医者があるんですけど、○○って聞くだけでも、「ああ、わかりました」って、一切消毒薬も使わずに歯を抜くっていう・・。でも、ある方の奥さんが、歯の治療をして詰め物をやって、それからはもの凄く激痛で、いくら浄霊してもおさまらず、これで自分の命が取られる、っていうくらいで、それで必死でインターネットで調べたそうなんです。

で、たまたま、その詰め物の中に水銀が入っているということがわかって、すぐ取ったら、すぐ痛みが取れたっていうことでね。だから、いくら、その、歯医者が大工だっていっても、そういう詰め物に使うものが水銀だったら、浄霊も駄目だろう、と。だから、歯医者はそういう事があるから気を付けたほうがいいと。

 

楳木代表

ぅーん、それからね、これは信仰とは関係なく、金具を使うことで現代人の精神状態が悪くなっているということまではわかっているんです。ブリッジとかあるでしょ?特に上歯に使うと、もう、脳とスレスレですからね。脳を冷やす、と。脳を冷やすために不快感が起きるんで、金具が良く無いんだ、と。だから、御教えとは関係ないところでも、メシヤ様の考え方に近づいた研究は随分出始めているんだね。

 

受講者

なんか、歯を矯正したら、それで腰が曲がるんですってね。

 

受講者

っていうか、全部説明した筈やで。今日一時やったら、一時に歯を抜くから、そっちに行くから浄霊してって言ったでしょ?何年か前に。

 

受講者

ぅん。

 

受講者

奥の歯茎に埋もれ込んでいた親知らずを抜いたからね、もちろん、消毒は断った、というか説明した。新しく出来た大きな市民病院だった。それで口腔外科医から、今日は顔の半分全部は絶対に腫れますから、と。絶対ですか?と聞くと、絶対ですから、と三度聞くも腫れるからと。で、とんぷくを絶対飲んで下さい、と。医者は確信してたね。で、消毒について逆に教えてあげてね。ビックリしとったが、興味ありそうだったから、連絡先教えて、いつでも連絡して構わないから、と。その足で、浄霊頂きに行ったんだよ、その時に、説明をよくしたでしょ?

コレコレこうで、消毒を断ったら、一体それはどういう医者が言ってたんですか、と真面目な興味を示して聞いてきたなど。(もちろん、後日もずっと、全く腫れも痛みも無かった)

 

受講者

うん

 

受講者

その時に、消毒の怖さをよく説明したでしょ。消毒は閉じ込めて、麻酔はまあまあ早いから。

 

受講者

いや・・、私、抜いたことないからね。

 

受講者

抜いたんでしょ?

 

受講者

いや、あれは(かぶせの)治療をしに

 

受講者

要は治療したんだから。あれほど私の時も話をし、なるほどと聞いて、それで、イザ自分が医者に行くということになり、何度か聞いてきたので、説明するが、よう話せない、と。

だから何度も、一から十までのやり方を話し、挙げ句は誰でも言い易い、嘘も方便のやり方までも伝えたが、後から聞いたら、結局医者の言うこと全てウンウンと聞いて、消毒つけちゃった、と。

 

受講者

・・・・・

 

受講者

だからMOAというのは、甘いとか・・、自分を誤魔化す。目の前に毒を盛られて食うか?と仰られたが、食ってる・・。で、そういう痛い害を経験をして、心配され慰めあうという・・。防いでいかないといけないんだよ。

 

受講者

いやあ、あれからね、悪くなったことなかったからね。使わずお医者さん行こうと思うんだけどね。

 

受講者

それから、人から相談された時に、答えれるように、ということ。

 

「主の大建設」と「掃除破壊」

楳木代表

で、一度見にいかないといけないね。(御神体奉斎や支部づくりに関して 後略)

 

受講者

忙しい仕事で到底無理なところ、決心をしてから、不思議と今日だけ落ち着いており、休めまして、全く御守護でした。

 

楳木代表

ほぉ(御巡業中の話など 後略)

 

受講者

で、来年12月に何があるんですか

 

受講者

またあ、そんな話ばっかり興味持って!(笑)

 

楳木代表

あれは「フォトンベルト」のことだろうね

 

受講者

でも、「審判」とかいろんな事を言うけど、オカシイよね。(以前、教団がパンデミックだ!と御教え入りのビラまで作り騒いでた。あの期間、ずっと笑っていた。信者もマスクつけまくってた。

専従者も上層から、「君たち訪問して新型にかかったらどうするんだ!」と言われ、みんな買わされて(笑)しかもアホほど高いマスク仕入れて、優先確保した!と。神の浄化が、自分達は選民的に避けれるとでも思っているのかと、笑ってしまったが・・。最先端浄霊やってるという自負の結局は、浄化激しくなって来たら医学に頼りこうなるんだろうな、と恐ろしく思った)

慌て騒ぐほど審判は大変だってわかってるのに、なぜ浄霊一本でやらず、逆行して、信者自らにも病を作っていってるのか、ってこと。そういうことを伝えていかないといけない。

 

受講者

何で私だけに言うの(笑) でも、そうよねえ・・・

 

受講者

うん、で、どう本部の役員達は捉えているのかわからんけど、なんで神館のセンターも信者達も、流されるのか・・・、前代未聞の大事件だよ。

 

受講者

○○センターでは全員助かったって話。

 

受講者

それは、そこだから。

 

受講者

原爆の焦土の型が、現れるという・・

 

楳木代表

あの時は、ちょうど朝鮮戦争が起きてたから、その型が広がっていくという。

 

受講者

墓場になるんですね、でも既になってますよね、北は。それがそのまんま広がるという・・

 

楳木代表いや、そのまんまということでなくて、結局、今の時代まで引きずっているのは、キリスト教の文化圏と、仏教を中心としたものと、イスラム教を中心としたもの。これらの”文化の衝突”が”解決”できなければいけない。そうしないと、地上天国は出来ないから。

だから、「メシヤ様の思想」をもってしないと、大きい文化圏をくっつけることが出来ない。そのくっつけるために、焦土化にするとか、原爆が落ちるとかいう話が、その前段の話としてある。

そう捉えていったほうがいいね。

 

受講者

くっつける前に、そういう浄化とかがあるわけですか。

 

楳木代表

キリスト教文化圏とイスラム文化圏とをくっつけるために、9.11があったわけだから。実質的には、今まだくっついていないけど、みんなには、考えさせる材料は、あの時起きてるわけ。

で、イラク戦争とかいろいろあったでしょ?イスラム原理主義が問題だと言ってるけど、根っこは、アメリカの政策だっていうことがだんだんわかってきたわけだから。そうすると、アメリカ型の考え方では駄目だというのが、最後は行き詰まり、という話となってくるわけ。

で、アメリカが行き詰まっていると気付いているけども、もう少しいかないと気付かない。でさっきNさんから聞いていると、アメリカが原発を作ったものだから、今回問題になっているんだと。日本が作ったものだったら、もうちょっと完璧なものを作っただろうから。ということも、みんな気付いていかないといけない。

そういう意味で、今日拝読した「文明の創造」は、これは原子爆弾だと。だから、原爆というのも、そういう意味で御使用になられている、と、いうように考えていったほうがいいと思うね、

朝鮮半島に原爆が落ちる、というふうに考えないで。

そういう風に捉えていったほうが、メシヤ様は我々に何を教えようとされていったのかということが、わかっていくんではないかと思うね。

 

受講者

・・・

 

受講者

○○さん、曇りがあるという状態が北朝鮮の状態と同じだからね、それを良い方に変えていくにはどうしたらいいか、ということだからね。ほっておいたら、自然浄化が起きて、焦土と化すということ、にもなっちゃうんだと。だから、できるだけ今のうちに、良いもの、浄土も浄い人もつくっていく、と。

で、焼き尽くす、ってことは、本当は、命を失う、ってことにもなり、神様の本来願う意では無いと思うんだけどね。毒分は気の毒だね。我が子が死んでいくっていうのは、ね。で、出来るだけ地上天国に残って、人として、謳歌してもらいたい、というね。

 

受講者

大きくいうと、中国が共産主義止めないと駄目でしょうね。

 

受講者

ぅん。

 

受講者

北朝鮮ではキム・ジョンイルが頑張ってますけど、あれはやっぱり、スサノオの尊の浄化作用ですね。世界最貧国でしょ?ということは、スサノオの尊が朝鮮の出身、だという意味からいってもそうだろうと。

でどうしても、メシヤ様の宗教的なものが中国に行ってね、それから西へ進まないといけないと。

それには北がどうしても変わらなければならないと。そのためには今の世界救世(きゅうせい)教が、どうしても変わらなければならない、と。そういうように、神様の御経綸が行きつくんですよね。

だから、中国に行くには、まず、日本が準備できないといけないわけだな、という点もありますね。でも、このままでもいいっていう面もあり、浄化が起こってみないと、ということもありますよね。

 

受講者

よっぽどの事(光・真)が起きないと変わらないんじゃ・・

 

受講者

だから、いろいろな事が起きるんですよ(笑)

 

受講者

だから・・、よっぽどの事が、いまメシヤ教がやっている事の筈だよ。救世(きゅうせい)教の型とか、小田原の型とか、また人の型とか・・・、メシヤ教としての型、チョンがあると思うんですけどね、それをわかったとしても、その人達をどうやって変えるか、という難題を、いま代表先生のほうから・・、ずっと具体的で、根源的なものをも示されていっていると、そう思います。

こういうふうな事がわかっていって、気付いていって、初めて(第一次浄化作用の極みでもある)救世(きゅうせい)教のほうも、変わっていくことが出来る、と思っています。

 

楳木代表

ん。

 

受講者

数はどうあれ、最初の一人二人からで構わないので。そうして考えていくと、津波とか、共産もそうですけどね、ユダヤのロシア側アメリカ側や、スサノオの尊、など夜の経綸としてあるわけですから、これをヒックリ返していこうとした時に、突き詰めていくと、救世(きゅうせい)教は型ですよ、と言っても・・、ヒックリ返す実際はメシヤ教でやらなあかん、というわけですよ。誰かが使命を受けてですね。神は直接せず、特段の命は、命ずるわけですから・・。

そうすると、津波が起き犠牲が多かったというのは誰のせいかというと、メシヤ教の信者一人一人が、もうちょっと早いこと人を救っておれば・・・。極端な話、幹部の○○さんを救っておれば、大いに変わったかもしれんということ。

 

受講者

だからさぁ、人災・・ってことね・・、一人でも多く人心が変わるように自分達がもっと動いておれば、ああいう事(大惨事にまで)は起きなかった、ということでしょう?

 

受講者

そう。

 

受講者

だから、(所属していた教団の名残りで)唯物的なことばっかり広めるんじゃなくって、もっと心が変わるように動かないといけないな、と思いました。

 

受講者

だから地震というのは、ある程度起きるから、それに伴って、浄化作用ということも起きるし、その地域の系統の浄化などいろんな事が考えられるけれど、次の地震が起きるときに、犠牲をね、少なくしていけるような、そういう人を育てていくっていうことを、ね?後ろみてばかりでも仕方ないから。

 

受講者

そうやね・・。

 

受講者

そう。

 

受講者

でも、上がね。上が変わるのが一番早いかなっていうのが最近ようやくわかってきたんだけどね。だから、そう言ってはんねんなあ、って。上が変われば黙ってても下が変わるわけやんね。

 

受講者

それはだいぶ前から言ってるけど、自分の上という意味では、早く仏壇を祀って、と(笑)

元の先祖が変われば、働いてもらえるんだし。(代表先生が仰られた通り、)眠っていたらいけませんよ、と(笑)。

正しい供養によって救われていってね、それで喜んで、働いてもらっていってもらいたい、と。

そういう意味をよく心に入れておかないと、仏壇を祀りたいと家族に対してモノとして言ったから、「なんだお前は、キャベツが嫌いになったからといって、今度は白菜か」っていう考え方をされるわけ。

 

受講者

っふ(笑)・・そっかぁ・・

 

楳木代表

ぅん。まあね、東方之光の一番の問題点は、・・・真文明世界を作るっていってるでしょ?真文明を作るなら、よその文明を理解しているか、ってこと。イスラム教文化圏の事とか、キリスト教文化圏とか。

 

受講者

まあね、信者さんはそんなのは理解してないですわ。

 

楳木代表

○○さん(について)の話してる。

 

受講者

ああ、はい。でも、○○さんはよく知らないんですよね・・。で、西へ文化を押し返すってありますよね。それって、最後の審判があってから、それが始まるってことですかね?

 

受講者

同時進行でしょう。

 

受講者

そうですか

 

受講者

ええ。破壊と建設と同時に来るっていうこと。

 

受講者

でしたら今から意識をもっていかないと・・、そりゃそうですわね、建設できないですからね・・。

 

受講者

だから、家を今から造るっていうことで掃除をしないといけませんよ、ということ。

 

楳木代表

西へ押し返すという、返し方、の問題だから。

 

受講者

ああ、すぐあっち(西)に行くと、朝鮮だもんね。

 

受講者

いや、違う、返し方なんだから。

 

楳木代表

返す時に、全世界の人達が理解できる形、で押し返すんだから。だから、理解できるもの、をつくり上げていかないといけない。メシヤ教が。世界救世(メシヤ)教が。「文明の創造」を中心、にしてね。

 

受講者

それで、実際生活にもそれを活かしていこうということか・・。なかなかね・・

 

受講者

? 世界の国々を・・だよ。それは将来八つになるかもしれないけども、とにかく今ある国々を、(メシヤ様設計指針によって)示し、アドバイスしたり、(実際はその国々各自が)設計建築していかないといけないんだけども、世界救世(きゅうせい)教がつくり方がわからん、ということ。

 

受講者

それが作られないと、つくれないね、本当に。

 

楳木代表

だから、「基本中の基本」がわかっていないから、出来ないんだっていうこと。

 

受講者

そう・・、じゃあ(笑) 基本があんまりわかってないんですね・・

 

楳木代表

そう。だって、「家庭が幸せ」になっていってないと。各家庭が。やればやるほど、曇りを発生させているから。

 

受講者

そんなに不幸ばっかりでもないんですけどね。

 

楳木代表

不幸な人ばっかりでしょ?

 

受講者

みんな悲愴な顔ばっかりしてるじゃない。

 

受講者

そっかあ・・。

 

楳木代表

で、「間口を広げるということの意味」の「全く逆」の事をやっている。間口を広げるから薬も認めるというようなね、ワケのわからん言葉が並べられるからいけない。間口を広げるということは、文明の間口を広げるということだから。すべての文化を理解し、それを纏めてどの文化にも通用するようにして、出していくわけだから。その根っこが薬毒論だから。

 

受講者

どの宗教にもっていうことですよね。

 

楳木代表

ぅん。薬禍薬害が根っこだから、薬禍薬害を(実際の治療を受けさせていることからして)否定したところに、真文明をつくる「能力」が無い。ということが、解っておかないといけないこと。

 

受講者

ということは、薬禍薬害論が無いのに間口を広げるということは、中心が無いのに広げる、ということは、間口の「ま」が、魔になってるわけ。

 

受講者

・・・

 

楳木代表

っぷ(笑)

 

受講者

役員達は、最終的には薬毒が無くなるようにしたいと思って、やってはるんやね、あれね。でも、なんでか、間違っちゃったんやね。

 

楳木代表

間口を広げるというより、間が抜けている、だ。

 

受講者

でも、やってあかんかったから、仕方ないやん。

 

受講者

もっと、シンプルに考えたらいい、自分の家を掃除するのにね、汚いものをダラダラダラダラ垂れ流ししていたら、いつまでたっても、掃除にならんでしょ。それを、汚れているのに、綺麗になっていると思い込んでるんだよ。

 

楳木代表

だいたい、役員達が、自分の身体から薬毒が抜ける時の快感とか、喜び、が無いんだわ。

 

受講者

らしいですね。なんか・・「あんたそういう(浄霊で、って言う)けど、実際、薬を使わないと出来ないから」と。・・なんでかな、昔はチャンとやってたのかな、そういう人達は。

 

楳木代表

だから、喜びが無いんだってば、薬毒が抜ける喜びが。

 

受講者

昔チャンとやらなかったのかしら。その、薬毒が抜ける喜びを、体験したから役員になっていったんじゃないんですかね。

 

楳木代表

っは(笑) そりゃ私は知らないけど(笑)、薬毒が抜ける「喜び」をもった人が、薬を飲めとか絶対言わないから。

 

受講者

・・そうやって(喜びを経験して)入信したんと違うんですかねぇ。

 

受講者

みな最初はそうかもしれんけどね、いまはもう、職員室行ったら大変なことになってるやろ?信徒のおらん前では特にね。「隙」の間口の拡大。(省略)

 

「花を活ける」パートⅡ

受講者

お花を活けたんですけど、いい花材があったんですが、御写真(光輪花)にはなかったものだったので・・

 

楳木代表

だから、”(生徒に)御心を説明する”というのは、全く、枝ぶりにしても花にしても、同じものはないわけだから。

メシヤ様は庭でパスパスと切ってこられて、活けられたんだから、その御心を求めて、今回は、メシヤ様の御写真のこれを見本にして、この花材で活けてみましょう、と言う。そうすると、その枝ぶりや、花の、一番いい点を引き出して、活けるという姿勢でいけばいいんだから。

 

受講者

花材は同じ花材でやって、それで御心を求めて、と

 

楳木代表

そうそう、で花は茶花だから。一輪とか二輪とか、茶室でしょ。ああいうところに活けるというのが原型としたあるから、茶道は何か、と。茶道の心は一期一会だから、客人が来た時にね、一回のもてなしで心が通じ合うようなね、そういう場作りをするために、花を活けるんだという、そういうふうに心に求めていかないといけない。

 

受講者

茶花ですか・・・。この間、お茶を頂いて、そこのはホント良かったんですよねぇ

 

楳木代表

だから、メシヤ様の御写真というのは、ほとんどそれでしょ。何々流、という感じじゃ無いでしょ。

 

受講者

~ん、そうですよねえ。

 

楳木代表

花材があって、そして花器があって、そして御床、場所にぴったり(調和して)おさまるように活けていらっしゃるからね。そういうところを、求めていって・・

 

楳木代表

たっくさんの人が集まるところだったら、たくさんの方が見るようなお花でもいいわけで・・

 

楳木代表

そりゃそうですよ。

 

受講者

じゃあ、やっぱり頭が固かったんだわ(笑)

 

受講者

せっかく懸命に活けてくれたんですけどね(笑)桜と椿を一緒に活けてバランスが悪かったから、見栄えがしないんで。で、これは、花材がもうないので、椿だけで活けただけなんですけど。

 

楳木代表

なるほど。

 

<来月の御教え>

「『文明の創造』総篇 天国建設の順序と悪の追放」(文創  昭和二十七年)

 

Print Friendly, PDF & Email