メシヤ講座no. 142大阪(平成24年11月)

 

<今月の御教え>

「『文明の創造』科学篇 薬毒の害」(文創  昭和二十七年)
本文は『文明の創造』142ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 大阪支部】

「薬毒論」を広めることが人類の救いの第一義

楳木代表

今月拝読をさせていただいたところはですね、今まで罪とかそういうものが発生すると、そこに霊的には曇りが出来てきて、そして、それを浄化するということが病気なんだということを細かくメシヤ様が御説明してくださっていましたが、今回はその根元が薬毒なんだということで御解説をしてくださってます。

メシヤ様御自身の出現によって、このことが明らかになって、そして、人類の救いということになって来るんだということを、今回力強く述べていただいております。わざわざ私が説明する必要はないというくらい解かり易く書いていただいております。

 

一般の方が『文明の創造』に感動し自主宣伝

楳木代表

出張に出る前の日にですね、以前静岡県の方で健康食品関係のある程度地位のある人と定期的に会ってメシヤ様の御教えを取り次いだりする機会があったんですけれど、まあいろんな意見を寄せてくれたので、『文明の創造』が発刊出来たので、一冊その人に贈呈したんですが、その人から電話がかかってきて、「ずーっと拝読をして、自分の所へ勉強に来る人達にその本の中身を少しずつ拝読をして教えていってたら、皆が欲しくなったので、とりあえず六冊送ってくれませんか」という話があったんですね。

これは地元の本屋さんを通して買ってもらった方が断然結果的には良いだろう、ということで「自分の取り引きしてる、あるいはお付き合いのある書店に行って、『出版社から六冊なり十冊なり取り寄せてほしい』というふうに依頼してくれませんか。十冊ぐらいまとまれば、本屋としてもある程度の収益になるので取ってくれると思います。で、どうしてもダメだったら出版元に依頼して送ってもらって下さい」とお願いしましたら、「分かりました。それでは、そういうふうにさせていただきます」というお返事だったんですね。

とにかく全く信仰を持っていない方々がですね、このメシヤ様がお説きになった『文明の創造』のなかの「人間の本来の在り方」とか、それから「人間がどうして不健康になっていくのか」ということを自分たちで学んで自然と広めていってくださっています。

不健康というのは、人間の肉体の仕組みが解っていないために今までいろんな異物を入れてきたり、あるいは、モノに頼って健康になろうとしているために起きて来ていることですが、そこに勉強に来る人たちが、この『文明の創造』を買いたいというふうに、未信者の方々がそういうふうに思っているということなんですね。

「この本は、どんどん私が広めていきたい」というふうに言ってくれたので、非常に有難い電話がかかって来たなあ、というふうに思いました。

 

メシヤ様の信者は、暗記して、布教を!

楳木代表

で、その中身というのは、今日のところは、未信者さん方あるいは薬毒のことを知らない人たちには、大変参考になるというそういう御論文であるかと思いますので、どうか、メシヤ様と太く繋がっている我々は、この部分だけは暗記するぐらい繰り返し繰り返し拝読させていただいて、どのような方にも説明できるようにしておいていただけると大変ありがたいと思います。

それから、私の真前に○さんがお座りですが、○さんのご依頼によってですね、大阪支部の布教用のチラシが出来上がりましたので、91歳の方が「布教用のチラシを作ってくれ」という話だけで私は大変感動しましたけれど、それを、配りながらですね、浄霊対象者をいただいていくという取り組みは非常に素晴らしいことですので、他の支部からもチラシをデーターで送ってくれというふうに依頼があるかもしれないので、その支部その支部に適合した文章を添えて、そして、支部の住所とその配った人の住所なり連絡先なり入れて、各支部ごとに合ったチラシを作ってやっていただこう、というふうに思っております。

そのチラシの中身も、今日のこの病気の真の原因ということに触れて解り易くまとめてくれておりますので、・・木原さん、印刷したのはありますか?ああ、みんな持っているんですね、持っていればいいです。

 

受講者

ちょっと難しいのと違う?(これは以前所属していた教団の配布用の機関誌の内容についての感想)

 

楳木代表

ええ?難しい?

 

受講者

もうちょっとハッキリね。

私は91歳だけどね、薬飲んだことがないからね。明主様のね、いただいてから・・。

だから元気!

 

楳木代表

そうですよね、だから、○さんは配ったら説明する必要がないんですよ。

「私は91歳だけども、全然薬なしでこの様に元気で動いてます」というようにですね、それだけ言えばもう、素晴らしい宣伝になりますから(笑)

 

受講者

ええ、そうですヮ

 

楳木代表

「これを読んでください」というふうにチラシを渡せば、少し難しいように感じますけど、チラシをね、言葉を見た時に、文字を読もうとする人は理解できますので、非常に良いと思います。

 

受講者

ああ、そうですか・・。コレね、前に配ってたけどね、ちょっと難しいように思いますので私は感心しませんわ。絵は立派やけどネ・。

 

楳木代表

「〇〇美」ね。これ〇〇光教団のものですね。

 

受講者

でもね、これ見て、「はぁー」と言って寄ってくる人ないわー

 

楳木代表

なるほど。

 

受講者

やっぱし、上手にネ、説明していたら、寄ってくるのだけど・・フフフ

 

楳木代表

だから、〇さんのやり方をみんな見習ってやっていただきたいと思いますね。ハハハ

 

受講者

フフ、もうそやけども明日の日はわかりません、91になってんのに。フフ

 

メシヤ様の信者は、「健康」を見本に!

楳木代表

それがねー、この前ですね、鎌倉支部にね、浄霊〇〇〇〇会のご一行が4人程来たんですよね。お参りにね。その人ね、滋賀県から浄霊〇〇〇〇会の本部まで夜行バスでお参りに行ったというんですよね。何と、御歳、96歳!

 

受講者

へ~~

 

楳木代表

96歳の人が一人で夜行バスでね、本部に参拝に行って、そこに新潟出張所をやっている庭山さんが、ちょうどお参りに行った時に・・、お参りというのはそこの会長さんが亡くなったので、そのお悔やみに行ったんですね、そこでちょうどバッタリあって、その人たちへ「是非メシヤ教の御神前を見ていただきたい」というふうに言ったんですね。「鎌倉だったら行こう」という事で来てね。責任者はいなかったんですが、奥さんがね、お迎えして接待したんだけど、皆さん御神前に上がって、そしてお参りして、帰られたそうなんですけど、96歳の人が先頭。その次の人が92歳!

 

受講者

滋賀県の〇〇に住んでいる方ですよね。

 

楳木代表

多分、そうだと思います。

 

受講者

あ、私お会いした事あります、全然パワフルですよ。スゴイ。

 

受講者

中村海〇治先生の奥さん亡くなられて、まだ、2年にしかならないでしょ。あの人、私たち良く可愛がってもらった・・

 

楳木代表

92歳でお亡くなりになられましたね。

 

受講者

いえ、今年で2年やからね、(今生きていたら)もうちょっといっている。

 

楳木代表

ああ、そうですか、それで3番目の歳の人が86歳。「この人若いのよ!86歳だから」とそうやって説明してね。(笑)で、案内してきた人が72歳か70何歳かというので、「この人なんかものすごい若いわよ」と言っている(笑)。

 

受講者

ハハハ・・

 

受講者

千葉県に住んでる人

 

楳木代表

そう、千葉県の人

 

受講者

ああ、あの人ですワ。

 

楳木代表

その人たちが来て、非常に喜んでご参拝して帰られたんだそうですが、96、92、86、で、一番若いのが70何歳というのですから、私たちはチョット頭が上がらないなーというようなね、そんな元気な方たちですね。やはり、世界救世(メシヤ)教時代からズーっとやってきている訳なんで、無医薬で浄霊をいつもいただいているので、ものすごい元気なんですね。

 

受講者

元気なおばあちゃん、シャキッとしたおばちゃんです。

 

楳木代表

〇さんとヤッパリどっこいどっこいだねぇ―  ハハ

 

受講者

頑張りたいと思います。

 

楳木代表

メシヤ様の御教えからは、私が言うのもあれですけども、大体120だということなので、あと30年!、がんばってよろしくお願いいたします。ハッハ

だからもー、明日かもうわからんという事は言わずに、「私は120目指してんねん」と言ってください。

 

受講者

そりゃ、「90」て言ったらビックリしてんねん。バス乗っても話するんよ、そしたら、「えーっ!?」て言ってね。

 

楳木代表

他の支部へ行ってね、「91歳の方が大阪支部まで、電車とかバスを乗り継いで(2時間かけて)自分一人で来るんですよ」と言ったらビックリしていますよね。

 

受講者

箱根までもどこでも行ってます。

 

楳木代表

ああ、そうですかー、今度12月23日は浜松でお祭りがあるので、新幹線か何かで来てください。で、今度は沖縄からもですね、今支部作りを進めている人が、一人か何人かでそこへ来てくれるということなので、

 

受講者

そりゃもう、バスでも電車でも、行くとこがわかったら行きますやん。

 

楳木代表

そういうふうに計画を立てといてください。ハイ。

 

一般の方には、御浄霊の前後の診断結果を!

楳木代表

それから昨日、岡山支部でお願いしたんですけども、先月のこのメシヤ講座に、「子宮筋腫があるために帝王切開でしか産めない」と言われた人が、浄霊をいただくことによって、子宮筋腫がずーっと小さくなって、それで、「普通分娩で産まれた」という報告を書いていましたけれど、その人に、「診断書を取ってくれないか」とお願いしたら、「取ってきます」ということだったので、その診断書を添えて発表してもらおうと、今、一人は御守護報告の対象者を決めました。

これから、未信者の方々に浄霊する時には、是非病名がついているようであれば、診断書もコピーなり何なりしていただいて、そういうのを添えて、御守護報告をさせていただきたいと思います。

というのは、「疑い深い人たちはね、中々、信用しないもんですから、診断書を添えて、ホームページなんかにも載せていくとですね、“確かにこんな病気だったのが浄霊だけでここまで良くなったのか”と分かるんじゃないんですか?」というふうに言ってくださった人がいるので、その意見も取り入れて、これからは取れる人はそうしていただきたいと思います。

まあ、我々信者は病院に行かないので、診断書とか取りようが無いんだけどねー。

 

阿弥陀様と同じセリフを教え込む教団幹部たち

受講者

「ただ(無料)で診たろう」と言うんですが、「どこか、悪い」って言われたら嫌でしょ。

 

楳木代表

でもまぁ、どっか悪そうに見えないですからね。

 

受講者

ハッハッハ

 

受講者

家族みな、お医者さんにかかったことないから。

 

楳木代表

ああー、素晴らしいですね。

ですから、ここにですね、今日拝読した中で、唯一、人類が薬を海に捨ててしまえば、数十年後にはこの地上から病気のない世の中になっていくとメシヤ様が説かれています。

 

受講者

言うてはるけどね、ここ(〇〇光教団)の先生ね、「私、チョットしんどいねん」て言ったらね、「お医者さん行ったか?」と言いはるんです。

もう、先生はお医者さん薦めているから、もう、行かない。

 

楳木代表

ええ、これはですね、善言讃詞にあります『夜叉龍神も解脱為し』というところの、この夜叉龍神の配下である眷属に皆やられているということです。

布教師といえども、この眷属にやられて、「薬を飲んでもいいですよ、病院に行きなさい」というふうに言われています。これは皆、眷属にやられてるわけですが、私たちはこの御神前あるいはご家庭の御神前で善言讃詞を朗々と唱えるときには、この『夜叉龍神も解脱為し』ということを高らかに言って言霊界に響かせていかないとですね、その配下の者たちは分っていかないので、これからより一層そういうお気持ち(“親分は改心したんだから、子分たちも改心していくように”)でですね、善言讃詞を奏上していただきたいというふうに思っております。

御教えの中にですね、阿弥陀様が(メシヤ様が阿弥陀様を幾度か批判されたことについて)「もうインドへ帰るから、私のことを悪く言わないでほしい」とメシヤ様にお願いに出てこられたでしょ?

実は、これは言い続けることが大事だ、ということなんです。このことは、まず「知る」ということが大事で、「知った事を言い続けないといけない」ということです。

というのは、配下の者たちが改心をしていかないので、夜叉龍神はメシヤ様の光によって解脱していますが、その配下の者たちが執拗にこの世の中を薬毒まみれにして、人間の体力を弱めさせて、そして、自由に操ろうという計画に則ってずーっと進めてきておりますので、この非を分らせていかないといけないので、私たちは改心するように祈り、言い続けることが大事なのですね。

 

受講者

明主様(御在世)時代、それだった(自らの信念で薬を捨てて元気になっていった)ですものね。

 

楳木代表

ええ。これをみんなが分ってもらってね。みんなが薬を全部海に投げ込んで、そして数十年後には病なき世界の実現は断言し得るということですが、これは、体の中に入っている薬毒を浄化によって全部出さないといけないので、それだけ薬毒の入っている人は、それを出すのに相応して数十年かかるということです。

薬毒の無い、病気の無い、こういう世界を我々はつくりたいために、こうして御神業を進めさせていただいているわけですので、今回作成したチラシを大いに活用していただいて、今学んだことをドンドンと世の中にお知らせしていっていただきたいと思います。

是非、そういうことでよろしくお願いします。皆さん方もこのチラシを活用していただきたいというふうに思います。

 

支部長代理

最下段のところが支部と、〇さんの名前になっていますので、そこを変えれば個別に対応していけます。

 

楳木代表

希望者は、「自分の名前入れて下さい」と。そして、連絡先には携帯電話なり何なりを入れるようにして、それらを木原さんにお願いして作成していただければ、使えるんではないかなと思いますね。

 

「メシヤ様の御浄霊」と「明主様の御浄霊」の差

楳木代表

それから、今月の「メシヤ講座・特選集」には書かれていますけど、まだ入会というところまでいっていませんが、〇〇大学で教鞭をとっている方が、浄霊力拝受をいただいて、それで、「“メシヤ様”と祈る御浄霊で、どれだけの効果が出るか」ということを今、実地にやり始めておられます。

非常に御教えに沿って理解してくださっているドクターだったので、信者さんからも非常に信頼を得るところで、また勉強会をされているということもあり、この際、「“メシヤ様”とお祈りする御浄霊と、“明主様”とお祈りする御浄霊とでは、どれだけ効果の違いが出るか」ということで、その確証が出てこればですね、大いにこのメシヤ様の「浄霊力伝授」ということが広まっていくのではないかぁと思います。

「診断書を添えたほうがいいんではないか」というのは、このドクターの要望です。

そのほうが、初めてこの浄霊ということに触れる人には、まあ、信憑性を与えるんではないかなー、というふうに言ってくれましたので、「是非やらせていただきましょう」というふうにしました。

 

「英文HP」と御神格

楳木代表

それからですね、今朝、月次祭の前に、ずーっと〇〇さんと打ち合わせしていたのは、「浄霊力伝授」をこれから世界的に広めていくために、まず英文サイトをつくり「浄霊力伝授」を受け付けていくということで、そのたたき台を打ち合わせしていたところです。

12月23日にはキチンとした形でアップできるように、まずは英語からですね、そういうものをつくって受け付ける窓口をつくっていこうというふうに思っておりますが、幸いなことにですね、私がまだ30代前半のころ、教団護持委員会の〇〇〇布教所というところの所長をやっていた時、青年信徒としてお参りに来たり、いろいろ相談をしてこられた人がいて、(詳細は割愛)、今御教えを徹底的に読んでいるということで、しかも、その欧米の情報機関と随分交流してきたので、世界の宗教の実態とか、人種ごとに持っている信仰の形態など、そういうところを細かく見てきた人なので、英訳する際にそうしたことに配慮していくやり方を解っている人なんですが、その人が「御神業にお使いください」というふうに申し出てくれたので、今、〇〇さんと〇〇さんと、この三人のグループで作り上げつつあります。

ですから、メシヤ様は、メシヤという発音をすると、英語で正式な発音は何ですか?

 

楳木代表

メサイヤ

 

楳木代表

メッサイヤですよね。こうなってくると、メシヤ様との繋がりがどうもその・・、西洋の概念になってくるので、今のところメシヤ様という言葉はそのままにして、カッコでいわゆる救い主という英語をあてはめていったほうがいいんではないか、ということを、この前〇〇さんと話をしたんですけれども、言霊でメシヤ様というのを日本人は“めしや さま”といって力をいただいておりますので、西洋の方々にもまずは「Meshiya Sama」という表記をして、そしてカッコについては、これからいろんな言語に訳していく時に、その土地その土地の言語で、救い主と入れていったほうがよりいいんではないか、というような話を今しております。こうしたですね、世界にメシヤ様に繋がる浄霊を広めていく、そういう足がかりが、そういう三人の人材によって出来始めたなぁー、というところですので、これから大いにですね、御神業が実現していくんではないかなーと考えているところです。

 

受講者

こんなんも早くからでてますねん。読んだことあるでしょ、メシヤ様についてのコレ。

 

楳木代表

えっ?あー、これですねー

 

受講者

「これでもシッカリ読みー」って、アチコチいままで言ってきたんですわ。

 

楳木代表

ただ、これはですね、メシヤ様はメシヤ様として、昭和29年にメシヤ様御自身が確定しているにもかかわらず、これは「人間が確定した」という話ですので、これは、資料としてはあまり良くない。

メシヤ様御自身が「メシヤ様」ということに確定されたにもかかわらず、教団役員がメシヤという存在を確定したというような表記は、これはですね、越権行為も甚だしいので、神様の座にある御方を人間の分際でメシヤと確定するとか、そういうことは可笑しいことなので、私たちは「もともとメシヤ様なんだ」ということで信じて進んでいく、そういう姿勢をもっておきたいと思います。そういう姿勢で、お願いいたします。

それではいつものように質疑応答、・・今も質疑応答みたいな話でしたがね(笑)、移っていきたいと思います(笑)

 

「夢」は、自分を高めるように捉えよう

楳木代表

さっき、夢の話が出ましたけれどもね、〇〇さんね、夢は我々の守護神が見せて下さるわけなんで、「守護神が、どういう意図で構成したのか?」ということを基本において夢判断をしていけばよいということですね。

で、どういうふうに構成したかっていうと、お亡くなりになったおばさんが救われてないように見えたわけなので、この場合は、まずは「メシヤ様に救われるようにお願いをしてもらいたい」、それと同時に「お前がしっかり御神業に取り組んで、そして、この家系のために徳を積んでもらいたい」という願いがあるんだというふうに解釈していってもらいたいと思います。

だから、夢を見たとき、「これはどういう意味だろうか?」ということを考える時には、「自分の正守護神が、自分にわざわざ構成して夢を見せた意図は何か?」というふうに求めれば、「何でこんな夢を見るんだろう?何で?」というような考え方にはならないので、意図を自分自身に返しながら御教えに沿って解釈していくという、そういう姿勢をこれから持っていただきたいと思います。

祭典前に聞かれたんでね、みんなにも参考になると思うので今話をしました。

 

『文明の創造』配り、「話の分かる人」が聖業を

受講者

あの~、夜叉龍神が解脱して眷属が残っているということで、先々月のメシヤ講座でもお話いただきましたですよね。私もまぁ、関心ある方にばかり、ま、大阪支部の座談会にも書き込みさせてもらったんですが、関心のある方に話したり『文明の創造』を渡していたのですけども、何かその、“その眷属に、「解脱したんだよ」と伝えていくというのは、どうやっていくのか?”ということが分らなかったんですけども、取り敢えず、関心の無い方にも伝えていかないと、関心がある人が動きにくい状態になっているんです、この辺の地域は。例えば、奥さんが関心があっても、ご主人に話していなかったんですよね。そうすると、奥さんが関心があっても、ご主人が全然関心無いとこちらに来にくいんですよね。

それで、“やっぱり、ご主人にも話していかないといかんかなー”と思ってまぁ、話してみてみたりして、あんまり関心無さそうだったんですが、でも、そうやって話しておくと、次にあった時に今度向こうから聞いてくるようになってきて、だけど、ヤッパリ、今、何ていうんですか、健康セミナーとかいろんなブースがあるらしいですが、そんな企画や、選挙とかに、どうしても本人はそっちに強い関心があるので駄目なんですが、一応聞いてはくるようになってはきてはいるんですけど。

あの~、どうやって、その眷属に分ってもらうように言っていったらいいのか、ホント、私も分らなくて、分らないなりに、ま、取り敢えず、しているっていう感じなんですが。

 

楳木代表

眷属に分らせるっていうのは、まあ、これは難しい話です。だからそのために、この『文明の創造』をみんなに拝読をしてもらうということです。

 

受講者

ま、何人か拝読してもらっているのですが・・

 

楳木代表

だから、これをとにかくみんなに買っていただくということが、結局、眷属が分かっていくということです。だから、今、分らない人はもう仕方がない。だから、「まずはこれを読んでいただいて」ということですね。

で、昨日の岡山支部でも、札幌でも話したんですが、〇〇之光教団の幹部だった人たちのOB会が箱根で定期的に行われている時に、岡山支部につながっているある方が、そのOB会に参加する方に『文明の創造』をお分けして、そうしたら、その参加する人が箱根に持っていっていて、その場でチーフの人に渡したらしいんですね。

この持っていった人は、いわばその組織の中では幹部ではあったかも知れないけれど、出世したほうではないわけです。そうすると、出世したほうじゃないということは、上の顔色を見て御用してきた人ではないわけなんですね。

そうすると、真実をずーっと見続けていたから出世をしなかった。そういう人は、この『文明の創造』の素晴らしさがすぐ分る。

それで、これからの御神業は、その人のように、「この『文明の創造』が素晴らしい!」と分る人でないと、担ってはいけないのでね。

 

受講者

私、〇〇之光の人に何人かずっと話してきてますじゃないですかぁ?『文明の創造』といっても良くわかんないらしく、『明日の医術』と勘違いしてたりとかね。そういう人がすごく多いんですよ。

それでもね、「こんなんで素晴らしいから」と話して買ってもらって、毎日とか読んでもらったりとかしている人も増えてきてはいるんですけれども、この前偶然ですね、前、専従していて辞めて今家業を継いでいらっしゃる方に会ったのですけども、結構若い男性の方ですけどもね。偶然会って、「こんなん発刊されたんよ」て言ったら、「いや、それまだ出来てないんじゃないんですか?」て言って、ヤッパリ専従者だから知っているんですよね。ずーっといろんな人に話してきて、“初めてそういう手応えのある人があった!”というくらい、あの、MOAの人は全然分っていないんですよね、『文明の創造』のことを。

だから、読んでいる人はありますけども、そのたまたま会った前専従者だった人は、結構家のほうが大変なんですね、家を継いじゃっているんですけども、その人は『文明の創造』を「すぐ本屋に買いに行く」と言われたんですが、「私の家にもあるから」と言って後で届けて買ってもらい、「祈りの栞に寄せて」を一緒に差し上げたんですけども、2週間後に行って、ま、(その専従者が継いだ)お店に行って聞いたら、「読んでいる」と。

読んでいるんだけども、「後ろのほうに神の啓示を受けたって書いてあるけれども、あれって誰でも受けれるの?」って聞かれたんですが、それってどうなんでしょうか?

 

楳木代表

啓示を誰でも受ければ、その人たちみんな教祖になれるからね。

 

受講者

はい

 

 

楳木代表

あるいは教団代表になる人が啓示を受ける訳なんで、誰でも受けたらみんな教祖だらけになる。だから、そういう大事な時だけそういうのが出てくるのでね。

世の中には、霊が見えたり、霊的にいろいろ分る人が一杯いらっしゃるでしょ?

「大事な話は何年かに一度しか出ない」という姿勢を我々は持っておかないと、動物霊がすぐ出てきて操り始めるわけです。いつもお伺い立てるようになると、もう動物霊に操られてしまっている。

 

受講者

多分、そういうようなこと(過去の教団史にあったように、霊憑りをしたり、こちらからお伺いを立てたり)を、言ってはるんだと思うんですけど、「メシヤ様が2月10日に亡くなって、(代表先生は)2月15日に生まれたんです」ってそんなことを言って(笑)、スミマセン、そんなこと言って、そんな説明じゃ駄目ですよね。

 

楳木代表

うん、そういう説明じゃ駄目です。

その啓示と、それからメシヤ様の御言葉が明確にあるんだという話をしておかないとね。

昭和29年4月に御浄化に入られて、御揮毫できなくなったときに、『お光はどうしている』とお尋ねになられ、「役員会で印刷することに決めました」と。『うん、そうか、それでもいい』と。『しかし、本当はもうお光はいらないんだけどなー』というふうにおっしゃったんだ、と。

このことをメシヤ様の御言葉として明確に伝えていかないといけない。

だから、私は啓示を受けたと言っても、すでにもう『その時に言ってある』ということなんで、だから、その通りやるように、ということなんだからね。

「メシヤ様から楳木を通して、楳木が浄霊力を授ける」という話じゃないんだからね。

(メシヤ様に伝授の御奉告をさせていただくお許しを得ている支部や出張所の責任者においても)御言葉通りにメシヤ様に御奉告をすれば、メシヤ様から自ずと御浄霊力が授かる、という話ですからね。それで、メシヤ様から素晴らしい多くの御守護をいただいてきていますね。

だから、メシヤ様の御言葉をそのまま伝えていくという、そういうことを心がけて下さい。

 

「精神戦争中」に、隙を出した自分のミス

受講者

そうですね、そこは伝えさせてもらったりはしているんですが・・。この前、チョット田舎に帰ったものですからね(、話をしますけどね)。昨年帰った時に結構関心ある人が二人ぐらいいてたんですよ、けど、やっぱし私もずっと(木原さんからアドバイスいただいて、連絡もするように言われていたんですが、忙しくて忘れて、心がけも距離も)離れていますしね、やっぱし、眷属がヤッパリその後にちゃんと、すぐに布石を打っているんですよね。

友達なんか、その時に、8月に会った時ヒマそうで、今にも凄く関心ありそうだったんですけど、(木原さんから何に関心がありどうだったのか聞かれましたが、そもそもどう伝えていくのかちゃんと復習し整理もできないまま行ったので、話の急所悪く、)その後すぐに、息子さん家族がすぐに同じ8月に帰ってきて、忙しくなって、御教えとか読む暇が無くなってしまって(と言われ、あまり言うにいわれない状況になって、それから途絶えて)・・、とかいろいろあるんですが。

 

楳木代表

これはね、我々はこうしたことはすでに勉強させられているんですよ。それが教団浄化です。

教団浄化で、まず、正常化委員会というのができて、しかし教団を大混乱に陥れて、そして、それにたいして教団護持委員会ができて、その正常化委員会を一応押え込もうとした。そうすると正常化委員会は、教団護持委員会にいた川合一派のいろんなことを知っていたので、直接川合一派を脅迫したわけです。それでもう、教団護持委員会はそれを押さえ込むことができなったところへ、正常化委員会は川合一派を脅して自分のところへ合流させて、新しく新生協議会というものをつくったんです。

しかし新生協議会としてはあまりにも正義に反し理屈が通らないので、強力な後ろ立てが必要となり、うまく三代教主様を総裁に据えてしまい、新生協議会を正当化してしまった。

だからね、これは「嘘の上塗り」をずっとしてきている、ということです。つまり、眷属というのはこういうように「嘘の上塗り」をしていくものなので、こっち側は、上塗りをされたことに対して、また、「実はこうなんだよ」と、いつも言い続けないと「嘘の上塗り」を消すことができない訳です。

だから、“その田舎の人に絶えず連絡を取っておかなかった自分のミス”だと思っておかないと。「眷族にやられた」と言って、眷属の責任にしてしまっている。

 

受講者

そうですね。

 

楳木代表

眷属がやったら、こっちはもう一回説明する。これを教団浄化の時には「精神戦争」と言ったわけ。だから、説明したほうが勝っていった。

教団護持委員会は最初、わずかな人数で立ち上がったんだけど、この「精神戦争」で私は全国を回って、「その話はこうです」「この話はこうです」と、ズーっと話し続けて、そして、10倍ぐらいまで拡がってきた。

その時に、我々は訓練を受けたわけです。

残念ながら、〇〇之光教団が一番訓練を受けていない。自分で考えれず「上の言いなり」で来てしまっている。真実を知ろうとしていない。

真実を最初に知ろうとした信者さん方は正常化委員会の人たちで、その信者さんたちは「教団がこんな状態になっていては、メシヤ様の御神業は進められないので、教会制度をもう一回復活させよう」というようなことに皆乗っていった。

しかし、トップの考えは違っていたので、中が混乱し始めた。信者さん方は純粋に教団改革に立ち上がったんだけれども、トップのやろうとしたことが、知らん思惑があったので上手くいかなかった。

それは何かっていうと、皆さんの真心でMOA美術館の建設献金が集まったとき、組んでいた9年間のローンを一気に返済して、なおかつ220億の余剰金ができた。これを狙っていたのが正常化委員会なので、信者さん方には上手に「教団改革に立ち上がって下さい」と言って、みんなは燃えるように立ち上がったんだけれども、正常化委員会はこの220億を手にしたいために動いたことなので、だからもう途中で改革は上手くいかなくなったわけです。

だから、(その後、正常化委員会の流れであるいづ〇〇教団において)教会制度はできても、この教会制度はもう全国てんでバラバラな教会を作っちゃったでしょ。それの一番ひどいのは、キリスト教の教会ができて、聖堂まで作っちゃった。

 

受講者

東京聖堂ですねー。

 

楳木代表

そんなことで、長年信仰してる方々は、“訓練を受けて来た”というふうに思っておかないといけない。“最後の大詰めの御神業の訓練を受けて来た”と。

 

受講者

(教団護持委員会の流れである〇〇光教団は)伸びてないですわ、全然。無茶苦茶です。

 

楳木代表

伸びてないでしょ。私たちが全国回る時には、ぐんぐん伸びていったわけです。それは「教団改革」というその願いが正しかったから、伸びたわけです。

今はもう、その願いが無くなってる。だから今、このメシヤ教でその願いをさらに進めていこうとしているので、若い方々が燃えるようにですね、信仰をやっている。これ、ココの話。大阪支部とかメシヤ教の話を今しているんですよ、〇〇光教団とかじゃなくて。

メシヤ教は、メシヤ様が本来進められようとされた御神業を真に担って行こう、ということで進めているので、ズーッと伸び続けているということですね。

 

「精神戦争」の相手は、眷族

受講者

無茶苦茶ですわ。司会やってる奥さん、司会いつもやってるその奥さんがね、病気になってしんどかってんね。ホンでね、お医者さん行ってん。徹底して浄霊するのが、わからへん。

 

楳木代表

ふん、なるほどね。

 

受講者

確かにそうですわ。僕らもね、いづ〇〇教団の時代に、そういう、なんですか・・、「改革を選択した救世教(の一派)」ということで、信徒のレベルではもの凄い改革があったんですね。

しかし、その企み的な新生協議会のお金にまつわる云々とか、それは、きれいにもう封印されているわけですね。知りうる立場にない訳ですよね、信徒にしてみたら。

それが後になってみて、“あ、そうだったのかー”という部分が出てくるわけですよね。

かつて第二弾、第三弾としましてね、その時点では意外といづ〇〇教団は信仰的な改革をしようというわけで、ものすごく勉強はしとったんですね。そういう意味で、ある時、もの凄く伸びたわけです。護持委員会が伸びたように、これはもう、全国的に爆発的に伸びた時期があったんですよね。

ある時期から、またブラジル方式が・・、渡辺〇〇先生がブラジルから帰ってきて、ホントは、「あんたはブラジルに帰ってくれ」って言われたんですね、あの松本総長にね。「あなたは日本式に合わないので、ブラジルに帰って欲しい」と言うたことがあるんですね、大祭の時に。それだけ日本のやり方と違うぞ、ということで、それが未だもって、ブラジル方式が取り入れられてから、それからサッパリ布教が出来なくなちゃって、信仰も落ちていって、もう、今ガタガタなんですね。

やっぱ、原点が狂ってくるんですね。上のほうに従っていけば、どんどん目隠しになっちゃって・・。先生がおっしゃったように、上に「ハイ、ハイ」って忠実にする人は出世するわけです。出世した方というのは、みな茶坊主なんですね。

 

受講者

私に、「お医者さんとこ、行こうか」と言ったから、「もう、結構」と言ったんです。偉い先生が「病院に行こう」と言う。行くこと無いですね。

 

受講者

今の時代は、上の先生がね、地位によって言われてるから。というのはね、もう、かえって無視するぐらいがエエらしいですね。

もう、上の人たちは、皆もう、眷属にやられとるんです。これからは、「アメリカ大統領が右言ったら、左を向かなあかん」というようにしてね。徹底的に、眷属は逆のことやっていきますからね。

 

 

「平均寿命」の、悪魔のカラクリ

受講者

これ(『文明の創造』)、よう、書いてますな。

 

楳木代表

うん、そうです。

 

受講者

みな、ボチボチ読んでもろて。

 

楳木代表

若いね、半そで。

 

受講者

いま脱いだんよ、暑いから。

 

楳木代表

ハッハ

 

受講者

私、暑がりや。

 

楳木代表

薬毒がない人は暑がりなんです。チョットこちらから、質問があるからね。

 

受講者

先ほどの御教えで、『近来、米国及び日本人の寿齢が、些か延びたといって喜んでゐるが、此原因は医学の進歩の為ではなく、他に原因があり、之は後にかく事にするが』とありますが、今現在行われているものとは、延命治療のことでしょうか?

 

楳木代表

いえ、違います。これは、後ろに書いていますから。

 

受講者

はい

 

楳木代表

衛生状態とか栄養状態とかが、随分変わって来たのでね。そういうことが大きく影響してる。ただ、しかし、わずかな寿齢が延びただけなので。

 

受講者

この部分でね、ヤハリ、あの、未信者である主人とかが一番気にする部分なんですけれども、昔の方が皆長生きしているじゃないかって思うんですね。

栄養状態と言っても、添加物がいっぱい入った物を食べているわけですよね、けれども・・

 

楳木代表

御教えとは違う内容なんですけど、日本の今寿命の延びている最大の理由は、生まれてすぐ死ぬ子がいないということです。昔は生まれてきてすぐ死ぬ子がいたので、寿命が平均で言うと短かった。

それと、戦争時代は戦死した人たちが大勢いらしたから、その為に寿命というのは計算をすると短かった。

今戦争で亡くなる人がいらっしゃらないのと、生まれてきて危ない子は出生前診断というのがあるでしょ、出生前診断で、全部処分してしまうから、恐ろしい殺人行為をしているので、現実に生まれてきた子はすぐ死なないということになり、平均寿命が延びる。今はこれが一番の要因です。

 

受講者

その辺のカラクリがね、御教えだけ読んでいたら、説明しにくいところがありますよね。

 

楳木代表

だから、若い方々が妊娠した時に、もう、もの凄く恐ろしいですよね、「血液検査をしましょう」と、「それから、中を見ましょう」と。

だからまあ、そういうことをご主人たちに説明していただきたいと思います。寿命が延びて高齢化社会にどんどんとなっている現実があるのですけど、これからは、ますます子供が出来てこない、っていうことが最大の問題点にはなってくる。

だから、そういうことは総合的にご主人といつも話しておいていただけるといいと思いますね。しかし、まぁ、今月御神体御奉祭があるでしょうから、その時に、木原さんに細々と質問をして、ご主人が日頃疑問に思っていることをね、・・ご主人が聞くということはなかなかね、聞きにくい部分があるから、そういう部分をワザと「この前こういうことで主人から聞かれたんだけども、上手く答えられなかったんですよねー」というふうに話してもらうと良い。そういうやり方をしてください。そうすると、ご主人も理解が深まってくる。

 

支部長代理

(さっき参加者が質問された)延命治療っていうのも、(人間本来の)延命治療じゃないけれど、今、確かに早いこと(バレるように)殺さない技術というのがありますからね。ただ、寿命延びていますけれども、不健康で延びているわけですから、だから、そういった面が非常に影響している面もあるから・・。

 

楳木代表

もう、日本の医療は「いかに死なせないか」っていうのが医療だから、健康にするという医療じゃないわけ。「いかに死なせないか」というのが日本の医療の実態なの。

だから、寿命が延びたようにみえているけれども、健康な人は少ない。それと、認知症の方々の姿を見ると、もう、とてもじゃないけどお気の毒で、そういう施設というのは、もう、すぐ満杯になっていくでしょう?いかにそういう方々がいらっしゃるかということですね。

だから、その人たちは生きているんだけれども、長生きはしているんだけれども、人格はなくなっている部分があるので非常にお気の毒ですよね。

 

支部長代理

まぁ、昔が寿命が延びて、とご主人は指摘するんでしょうけど、しかし、今おっしゃったように生まれてきた子供ですよね、非常に弱体化していて、そういった子供が成長した時に、非常に若い年齢で成人病が起きていると、こういう点も目を向けないと、・・だから寿命が延びたことでいい面ばかりじゃなくて、現実、寿命というよりも健康というものについて目を向けていかないと、単に寿命ということだけではね、(今昔の寿命)情報を得たところで、自分を健康に達成していくということはできないですね。

人の寿命が延びているから、自分の寿命も延びそうだ、という淡い期待を持たれたところでね、もうチョット具体的に、どういうことが健康で、どういうふうなことが望ましいのか、ということを、話を進めていきたいです。

 

楳木代表

そうしてください。

 

「闇の計画」における、いろいろな説

受講者

この前ですね、テレビ大阪で番組見られた方っていないですかね?ビルゲイツのこと。予防注射の件で、あと50何日って言うて・・、2012年の12月21日まで後50日だと。それでビルゲイツのこと取り上げているんですわ。徹底的に予防注射でね、・・人口をいま増えていっていますね、65億、75億の人間でもどんどん減らせることができる、と。で、私のワクチンによってね、ある製薬メーカーと合体して、これから、注射をボンボンしていってね、人口を減らしますよと、堂々と言うたんですよ。こんなこと言ってええんかなーという番組だったんです。

 

受講者

あ、そうなんですかー、それ民間のテレビですか?そうなんですかー

 

受講者

日本の支配者階級もヤレ!って。ヤッパこのままいったら、日本人は滅びるということでね、絶対ワクチンは打ったらダメや!ということでね。もう(番組で)そう言われているんです。ワクチンでも、昔みたいな、流暢な薬毒の次元を超えてしまって、もう・・。なんでかというとね、ワクチンの中にマイクロチップを埋めてるんだと。

 

受講者

あ、埋めているんですかー

 

受講者

もう、これからいいチャンスですから、そのうち人間をチップで操る時代が来るわけですね。もう、0.0何ミリのものを注射針からいれとるんですね。それがぐるぐる回って、脳のあるところでピターっと止まる、しかもそれで、

 

楳木代表

その番組のタイトル、何だったんですか?

 

受講者

えーと、これ、何だったかなー、ビデオ撮っとるんですけどもネ。

 

楳木代表

だったら、ビデオ一回見せてもらって・・

 

受講者

ワクチンに関するね、ま、いろんなイルミナティーの謎のことも言ってるんですよね。これは見られている方がいないかねー?

 

受講者

いつー?どれぐらい前ですか?

 

受講者

50日ぐらい前ですからね、2012年12月21日から

 

楳木代表

じゃ、まだ最近ですね。

 

受講者

多分、10日ほど前にやられたと思います。息子がそんな話をしていた。

 

楳木代表

まあ、民放というそういう中で、そこまでハッキリ言ったというのはね、初めての話なので。

 

受講者

ええ、そうなんです。テレビで、公共の場でどこまでやるかというようなね。徹底的に乗り込んでいって、アメリカで取材してね。いよいよこの12月21日に大峠が来るということは間違いないでしょう、ということでね。ですから、後、カウント42,3日しかないということでね。これがいろんなね、結びつくんです。今のメシヤ教の動きとね。12月23日の御降臨祭という一つの場にね、みんな連なっちゃうというね、もう、神秘なあれが、いろいろあるんですね。

 

楳木代表

なるほど、是非そのビデオ、一回支部の方へ・・・。

 

受講者

ええ

 

楳木代表

CDに焼いてみて下さい。

 

受講者

みなさん、ホントああいうのね、公共に出ている訳ですからね、ヤッパリ見ないと。ここまで来ている・・、というね。本当に人口削減計画で50億の人間をこの10年で始末しようという・・、もう、言うとるんですよハッキリ、ビルゲイツも。もう闇の権力は公表しとるんですから、そういうことを堂々とやってきますから、「ワクチンは絶対打ったら駄目だ!」って。

子宮頸がんワクチンとか、タダでいいからどんどん打ちなさい、って郵便で、メールで、来たりしていますね?

 

受講者

来ています。

 

受講者

ノコノコ打ったら、赤ちゃんは絶対できない、というそんだけの副作用による不妊治療(人口削減)をされているのですからね。そういう時代にいよいよ来ていることを、ネ。

 

楳木代表

それ12月22日を利用して、おそらくオ〇ム真理教と同じことをやろうとしている。

 

受講者

そうですね、そういう部分もあるみたいですね。

 

楳木代表

ハルマゲドンを人工的に起こそうとしている。

 

受講者

そういう部分もありますね。そうじゃなくって、宇宙の変動の大転換期はヤッパ、同時に来ると言うんですね。だからいろんなあれが錯綜している部分があるのですね。

 

楳木代表

まぁ、是非、DVD焼いて下さい(笑)

 

受講者

調べたら、11月2日、「嘘かホントか解らない、信じる信じないはあなたしだいです」

 

受講者

そうです。そうです。

何ヶ月前には、二ビルのことをネ、たけしのアンビリバボーかなんかでね、後半で二ビルのこと取り上げておったんです。

 

楳木代表

ふ~ん

 

受講者

それも12月21日にいよいよ地球大接近で、もうあれが来たらとんでもないことになるんだといって、今もうまさにシリーズで徹底的に講演でやってるんですけどね。

 

楳木代表

テレビでそのこと取り上げたんですか・・映像もでてました?

 

受講者

映像そうですね、いろんなー

 

楳木代表

天体望遠鏡か何か?

 

受講者

そうそう、学者がね、いろんな天文の人たちがみんな殺されていくんですけどもね、そういうのも全部いれとるんです。

 

楳木代表

ああ、そうですか~

 

受講者

二ビルXネオ惑星。

 

受講者

殺されている人もおるんですか?

 

受講者

言うたら、もう、天文学者は殺されておるんですよ。

 

受講者

そうなんですか~

 

楳木代表

発表しようとした人が殺されてるわけでしょ。

 

受講者

そうなんです。だから、いろんな天文学者が。アルゼンチンか行って事故で亡くなった、と言うたでしょ?あの方も何か天文学か何か、関連の派があるんですね。タブーになってるんですね。それだけ、封印されとったことを、公共のあれでヤレーということなので、日本の支配者階級が許可しているところがある。マスコミはみんな、ガチッとされとるんですけど、間をぬって、茶化しもって、その、出すんですね。いよいよその時期が来とるぞ、と。

 

楳木代表

ん~。〇〇さんはそれ一通り見たの?

 

受講者

あの、都市伝説? はい。

 

楳木代表

ビルゲイツの云々てありましたでしょ。フリーメーソンのね。

 

受講者

あの、何て言ったかしら?石やさんの団体、・・フリーメーソンね。

 

受講者

そういうのはユウーチュウブに載っていますよね。ビルゲイツとか。

 

受講者

そうみたいですね。

 

受講者

そうですね。

 

楳木代表

しかし、あの男がそこまで公共的に言うかな~。

 

受講者

ま~、そのー、ビルゲイツが出てきてしゃべっているんじゃなくて、でしょ?

 

受講者

ビルゲイツがしゃべってましたけど。ユーチューブあります。

 

受講者

研究している人かな、その前に出て意見をしゃべってましたけど。

 

楳木代表

ああ、そうか、ビルゲイツが直接言ったということだね。

 

受講者

そういう、ユーチューブがあります。

 

支部長代理

テレビで、ビルゲイツがしゃべったことか・・。ユーチューブでは、いろんな情報が出ているからね。

 

受講者

何年何月に言った、という文面をズーッと流すんですね。実際、実物は声は出してませんけどね。

 

支部長代理

いやー、まー、だからそれを信じる信じないはあなたしだい、っていうことになっているわけですね。ま、本人が出てきて話せばインパクトが強いでしょうけどね。(ユーチューブでは、ワクチンで、人口ではなく、死亡率を減らすという意味にもとれてしまうので)

 

受講者

それとか、食料戦略で、ノルウェーの岩盤をほじくってね、そこに種子を全部確保している。だから今、戦略で幼い種で全人類を支配している。あれも、ビルゲイツの種子で作っているんですね。ノルウェーに、全世界の種子を保存しとる。ほんで、自分たちがいる時だけ出して、種無しのあれ(遺伝子組み換え)を作って、全世界に売ってるという。今の種子はほとんど自殺種子で、その蒔いたあと、次の年は出てこない。

 

自家採種を貫く賢者 VS TPPに働く眷族

楳木代表

その種子については、岡山の〇〇さん、〇〇さんから聞いた自家採種と自然農法の繋がりのさわりのところ、チョット話してください。

 

受講者

自家採種の仕方はまだ聞いてないですけど。

自然農法で作っていても、なかなかその~・・同じ土地に同じものを植えればいいという御教えがあるんですけど、それを我が家ももう10年しているんですけど、やっぱり出来ないので、それをこの間〇〇さんにお聞きしたら、「自家採種をしていくと土がだんだん覚えていくということになる」と言われ、聞くと、「6割ぐらい自家採種をしている」ということでした。そこで、「自然農法でするんだったら自家採種にして下さい」と言われてました。

 

楳木代表

要するに土が覚えると同時に、種子の中に土との関係ができてくるということですね。

 

受講者

そうです、そうも言われてました。

 

楳木代表

そうしないとね。同じものがずっと出来続けないとね。

それから今、TPPの戦略の中に、いわゆるその種にも著作権を作って、そしてそれを自家採種した場合は「著作権を侵害した」ということで裁判に訴えることができるという法律にするために、裏で「みんな参加してくれ」というふうに言っているわけなので、この自然農法を普及する上でも、TPPに日本が参加するということは大変危険なことになってくるわけなのでね。だから、種に著作権をつけて売り付けて、そして自家採種させないという戦略が、あの中に一緒に入ってきているとしたら、これは恐ろしいことなんですね。

 

受講者

それはでもアメリカの法律じゃないんですか。

 

受講者

日本でも行使する・・

 

楳木代表

いや、参加すると、それに批准していかないといけないから。

 

受講者

そうなんですか・・

 

楳木代表

うん。批准するということは?

 

受講者

これはセットで、と。

 

楳木代表

そうです。これがセットで付くように、巧妙にそれを押し込んでいるわけです。

 

受講者

もう銘柄を名乗れないようになるみたいですね。自分ところで売りたいけど売れないということでね。

 

楳木代表

前にイラクにアメリカが侵入して行きましたね。そして最初占領して真っ先にやったことが、イラクって結構農業が盛んなところらしいんですね。砂漠ばっかりかと思いきや、以外と農地が一杯あってね、農業大国やったと。それで真っ先に自家採種を禁止したと、法令を作ってね。今まで百姓さん、自分達で種子をとってやってきたのを、「ダメだ」と禁止したと。「それじゃ種子はどうするんだ?」ということで、「これが安いよ」ということで、アメリカのあれ、何て言う会社ですか?

 

受講者

モンサント。

 

 

受講者

モンサントという会社なんかが、(遺伝子組み換えて)品種改良した、「(害虫すら食べれないほどの植物となり、害虫が湧かないので)よーくとれますよ」というて、「これを買いなさい」と。最初安くしといて、ある程度きたらボカンとやりますけどね。

それをあるイラクのある大臣がピンッときちゃって、海外にその種子を移した人がおるんですわ。だからそういうふうにして日本もTPPによって、全部いっしょくたんにして、「種も許さん」ということで、そういう戦略です。全部食料戦略ですから、それを日本も乗っていったら、とんでもないことになるという・・。

ただ、それがそこまで発想がいかないですよね、別の方で目くらましされちゃってね。そういうことから、現実に人口削減計画があり、ね。もうとんでもない世界に今入ってきている。それもやっぱり合わせて・・、御教えの背後のものがあってこそや、と思うんですわ。

 

受講者

その自家採種されてる種をいただいて作ったとしても、それは「何年かはやっぱりできない」と。ということは「土が覚えるまでということになる」というふうに言われてましたね。それで「作られている方は、もう種を譲らないから、自分でとってしてみて下さい」と、言われてました。

 

楳木代表

なるほど、ありがとうございました。この前、自家採種用に3種類見本を持ってきてたんだけど、やっぱりずっとしてるから、ズッキーニなんかこんな大きくなっているんですね。

「ここまで(収穫せず)大きくして自家採種して下さい」というようなことをね、具体的に持ってきてみんなに見せてくれていましたね。

ああいうのはもう一つの課題があるので、それも合わせて札幌支部の方で座談会に書き込んでくれるように依頼して、今、文章を作ってもらっていますのでね、そういうのも参考にして作っていただきたいと思いますね、自然農法やっている人はね。

 

受講者

やっているというか、黒豆の豆をいただいて、作って、出来たんですけどね、枝豆が。そのやってる人が、自家採種2回ぐらいしてるんだけど、一般では「自家採種3回したらダメだ」と言われているから、「もうそろそろ変えようか」と言ってるんだけれども、自然農法で言えば、変えないでずっと自家採種して、それでも穫れていくということですよね。

 

楳木代表

そうですね。〇〇さんはそうやってるのでね。

 

受講者

同じ土にずっと、ということですか?

 

楳木代表

うん。今日直会で出てくる芋があるんだけども、・・岡山から持って来た芋は、何年?

 

受講者

もう十何年ですけど。

 

楳木代表

同じ場所で同じものを、十何年と作っている芋。

 

受講者

同じ土地に植えてますけど、自分ところで出来た種イモではないので、種イモは他からのだから。

 

楳木代表

あ~そうか

 

受講者

ただ同じ土地にずっと植えてるというだけです。

 

楳木代表

なるほど、う~ん。

 

支部長代理

たとえば(遺伝子組み換えしていない)種を買ってきても、十年もずっとやってると、その気候とか土に合った一級品の品種になってきますから。

 

受講者

えーだって、毎回毎回買うわけでしょ、苗を。

 

支部長代理

いやいや、自家採種していった場合の話。

 

受講者

ああ~そっかそっか。

 

受講者

自家採種をずっとやっていけばね。だから遺伝子が変わってくる(伝統品種)。

 

受講者

「一般では3年以上とか(自家採種)やったら、うまく穫れないよ」と言われていると。

 

楳木代表

それは一般ですからね。

 

受講者

はぁー、そうですか。

 

受講者

農法が違うから。

 

楳木代表

うん、農法が違うので。

 

受講者

連作障害といいましてね、これは今最も・・、情報では土壌のミネラル不足やと。土壌が化学肥料とか農薬で荒れてしまって、ミネラル分が全部下に沈み込んでしまって、要するにミネラルが根っこに吸い込まれんからどうにもならんというね。連作障害というのはそれなんですね。ミネラル不足なんやと。(連作自体は)自然農法の原理に合うんですけどね。

 

楳木代表

まぁ結局、肥毒の影響でミネラルが無くなってくるわけですね。

 

受講者

そうでしょうね。

 

支部長代理

(ミネラル不足や肥毒の)土によって、遺伝子が変わると余計ですよね。

 

楳木代表

うん。それでね、ナ〇〇〇ル・ハーモニーに契約している農家の人達は、肥毒の検出方法まで、もうできたのでね。温度を測っていけば、肥毒のあるところは温度が低いということになるので、そうするとメシヤ様は『(地霊地熱を遮っている肥毒層を破り、それを風雨にさらして肥毒を減らすために)天地返しをしなさい』と言われのはそういうところにあるので、本来なら世界救世(きゅうせい)教が肥毒と特定する方法というのを編み出して、そしてみんなに公開していかないといけないんだけど、もう世界救世(きゅうせい)教が眷族にやられているために、バーク堆肥とかを入れていくのでね、本来の土にならないような状態になっているんですね。

 

自然農法の農地にまでも、眷属が潰しにくる

受講者

だからね~、今わたし、(〇〇之光教団の)自然農法の勉強会やっているんですけど、〇〇(某地方)に(わたしの)土地があるので、2人手伝ってもらってるんだけれども、その人達は自然農法の勉強会に出てるんですね。その方は、〇〇(某地方)でやっている勉強会というのがね、なんか油粕を勧めてるみたいで、うまいことできてないんです。もう1人手伝ってくれてる人は〇〇(某々地方)でやってた人で、〇〇(某々地方)では堆肥を全然入れずにしてた人なのに、〇〇(某々地方)の自然農法の勉強会出て、鶏糞とかも入れるというので、私は手伝って作ってもらっているのに、(木原さんから自分の土地であるし本当の農法を伝えるようにと何度か言われていたんですが、手伝ってもらっている手前言えずにいましたが、切羽詰って勇気を出して)「油粕も全然何にも入れないでほしい」と言ったんです。そしたら男性の方は、「こんな何もやらなくてできるかね~?」と言ってたんですけど、この間さつまいも掘ったら結構穫れたんですよ。2人とも(自宅の菜園?では)うまくできなかったんですって、虫に食べられてたりして。一般の人も(自然農法に関する教団出版本?を)読んでせっかく自然農法の勉強会(に参加)してるのに、有機農法の方が人気だから、そっちを教えて、逆に出来なくなってきてるというね。眷族にやられちゃって、昔そんなの全然しなかったですよね。

 

楳木代表

そうね、しなかった。

 

受講者

反対に、簡単に(御教えでは絶対入れてはいけないと何度も言われている油粕や鶏糞を)撒くように教えてるんですよ。だから「できない(獲れない)」と言ってますわ。

 

楳木代表

だから、い〇〇め教団も最初は純粋なことでやっていたんだけど、EM菌とかを入れ始めて、メシヤ様の進めようとされた自然農法を全部ダメにしてしまった。御在世中から自然農法をやってた小田原の信者さんのところにも、い〇〇め教団の幹部がトラック一杯にEM菌の入った土を持ってきて、全部入れてしまって、もう御在世中からずっーと自然農法やってきた田んぼをオシャカにされた、というようなことも起きて来ているのでね。だから上の方は、もうみんな眷属にやられてしまっている。

 

受講者

そうですよね、せっかく自然農法やってるのにね、そうやって勉強会でそんな変なこと教えてくれるから、そんなんやり出したりするから“まずいなぁ~”と思ってね。

 

支部長代理

だからまぁ、土というのを理解してないから。土の中に炭とか金とかの金属とか、いろんな菌とか混じってるけどね。そういった御教えがあるでしょ?(菌を除く)十一種類のそういったものから土というものができているとね。その土をさらに豊かにしていくものは、ミネラルとか、そういう物質的なものを入れて豊かになるということは絶対ありえないわけですね。やっぱり窒素、地霊、・・元は地球の中心から出来てきたものだからね。その産みの親自体の地霊というものは、その霊的土(11)によって、やっぱり土というものに豊かにナ(也)る(=土也)んですね、『霊主体従の法則』ですのでね。

今おっしゃったように、結局は、土を逆転していっているわけですよね(干)。それは今の医学の栄養学と同じような部分があろうかと思います。土に対するサプリメントみたいなことですよね。

 

受講者

「光が強くなっているから御浄霊したらどうか」と言ってくれる人もいるんですけど、畑に御浄霊したほうがいいんですか?

 

楳木代表

昔はね、要するに害虫とかそういうのがあるところではお歌を歌っていた。昔の農法では、五・七・五・七・七をね。その字余りのあるお歌は効果が無いけど、キチッと五・七・五・七・七になったお歌を朗詠すると、そういうのが全部整えられて、さっきの土が本来の純粋な綺麗な土になっていく。まあ、そういう言葉を唱えてね、昔の農業はやっていたのね。

 

受講者

ああそうなんですか。

 

受講者

それは昔からの農法で、

 

楳木代表

うん、昔からのね。

 

受講者

その・・、御教え関係なく。

 

楳木代表

そう、まだ御教えが出る前。二千年前とか、その頃はずっとそうやっていたということです。

 

受講者

清い言霊で霊界を浄めて、

 

楳木代表

そうです。要するに虫というのは、現代でいえば(化学)肥料にくるわけなので、

 

受講者

そうですよね。

 

楳木代表

だから昔、(化学)肥料というのはやってない。ただ人糞とか牛糞とか(有機肥料を)やった時にそこへ来るので、本来の清らかな土に戻すためにお歌を歌ったりしていたわけなんです。

 

受講者

それが今ではね、薬やらなかったら虫つかないからね。レタスとかようできたよ。薬使ってるところは、他にも色々入ってるからできてない。

 

支部長代理

だから農業でなぜそこまで苦労するのか、さっぱり私にはわからないです(笑)

 

楳木代表

だから肥毒の入っているところが温度が下がってくるので、それで作物が出来なくなるということです。それで温度を一定にずっと上げていくのが、その肥毒を抜く作業だということです。肥毒がもう無い土か?ある土か?というのは、縦にザァーと掘って、その温度を順番に測っていって、全部一律であれば、もう肥毒がほぼ抜けたという、そういう手法を千葉の農家の人が、研究して到達して、それでナ〇〇〇ル・ハーモニーに出荷する農家のお世話をしている。

 

受講者

それは、さっき木原さんが言われた地熱ということですか?

 

受講者

さっき言ったのは地霊。今のは地熱で、だから地熱が通るにも邪魔な毒があると、人体と一緒でそこは冷えてしまう。

 

受講者

そうなんですね。同じですね。

 

蛇退治 と 救い

受講者

蛇は・・、蛇は言霊でいなくなる、ということはないでしょうか?我が家は蛇が・・

 

楳木代表

蛇はですね、木原さんに頼めばいい。吸ったタバコの葉っぱ、あれをずっと撒いていけば、蛇はこなくなります。

触れただけで、蛇はグタァ~となってしまう。

 

受講者

なんでですか?

 

楳木代表

まぁ、それはね、実験的に証明されている。

 

受講者

吸わないとダメなんですか?

 

楳木代表

吸わないと効果が弱い。煙がずっーと通っていく、吸うと温度が伝わって来るでしょ?それで反応がよくなるらしい。だから、あんまり吸い過ぎなくて、少しだけ吸ってくれと頼んでおいて(笑)、それを丁寧に丁寧に撒いておくと蛇は来なくなります。

 

支部長代理

蛇はたばこの匂いを嫌うとか、御教えに確かあったかと思います。

 

楳木代表

それとあとは、やっぱり土地の管理をしていけば蛇は来なくなります。だから草をキチンと抜いて、そして不純物は全部掃除して綺麗にして管理をしていくと、蛇は来ようがなくなる。

もう一つは、カエルがいると蛇が必ず来ますから、食べにね。だから土地の広い人は管理が大変ですけど、出てこないためには雑草をよく抜いて、自分達でしきれないときには、シルバーセンターに頼んでね、あの人達は得意だから一日でやってくれるからね。

こうして管理を重ねてくると、蛇は来ないようになります。まぁメシヤ様は蛇が出てきたら殺してもいいと言っているからね。

 

受講者

えぇ!

 

楳木代表

蛇は自分で自分の姿が、醜い、嫌だ、と思っているので、殺したら感謝をする。なかなか殺しきれないので、長い鎌が売ってるからそれでパンッとやればね。ピュッと(切れた頭が)飛びますけとね。それに快感を覚えたら困りますけどね(笑)

(質疑長いので割愛)

 

楳木代表

まぁ余談ですけど、夜叉龍神の話から蛇の話になってしまいましたけど、これで一旦終わらせていただきます。(様々な話が出ましたが割愛します。)

ありがとうございました。

 

支部長代理

以上もちまして、メシヤ教大阪支部11月度月次祭を終わらせていただきます。ありがとうございました。

 

受講者一同

ありがとうございました。

 

<来月の御教え>

「『文明の創造』科学篇 心臓」(文創  昭和二十七年)

Print Friendly, PDF & Email