メシヤ講座no. 160大阪(平成26年5月)

<今月の御教え>

「『文明の創造』科学篇 種痘」(文創  昭和二十七年)
本文は『文明の創造』266ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 大阪支部】

救世の第一義は「医学迷信打破」

楳木代表

いま読んでいただいた「『医学革命』という大命題に向かって」は5月5日に発表していただいた内容で、次の『主神様とメシヤ様』という本の寄稿文として掲載いたしますが、いま『文明の創造』で拝読したところの学者的良心ということとは逆の医学者の権力を作り上げていく、言わば医学迷信を作り上げてきた歴史をまとめてくれております。ですから『医学革命』とはこの医学迷信を打破することになっていきますし、『救世の第一義』というのはこの医学迷信を打破することですので、その取り組みが救世活動ということになります。

ですから『救世の第一義』が『医学革命』であるということです。救世活動と言った時には医学迷信を打破すること以外には救世活動というのはありえないわけでありますけども、今は医学迷信を打破するということが第二義、第三義というふうにやられている教団が非常に多いので、こういうことではいけないということで今回は非常に参考になる事例です。

学者的良心を以て取り組んでやっている人達によって真にメシヤ様の教えの裏付け的研究が今後報告されてきますので、それを繋ぎ合せてですね、今木原さんを中心にその作業に取り掛かっていただいています。・・御教えの御論文に最新の研究報告等を当てはめて繋ぎ合せながら医学革命を進めていくということに取り組んでいくわけですが、その点において、一つは大きな視点をメシヤ様はお示し下さっております。

 

明るい日本人づくりは排毒励行から

楳木代表

そして、もう一つの点はですね、この昭和27年当時はですね、やはり結核が一番恐ろしい病気でもありましたので、この結核等の問題はこの種痘等が原因で起きてくるということが一番の問題点であります。しかし、現代は結核患者というのは、毎年20万人ほど発症はしておりますけれども、最も恐ろしい病気という、そういう感覚は私達にはもうありません。

今最も恐ろしいのは、やはりうつ病を中心とした精神疾患というものが大変恐ろしい病気になっております。それから歳を重ねていくと認知症ということが起きてきますし、若い人でも今NHKのドラマでは「サイレントプア」という番組が放送されているように、やはり引きこもりの方々が大変増えているという現状があります。

それと肉体的には表面に出て来るものを抑え込んでいくと、肉体的には癌になっていきますので、癌症状として起きる方々が非常に増えているので、やはり精神病とそれから癌の発症というのが大変恐ろしい、という現代を迎えております。

 

幼児から無薬にし排毒をしていく

楳木代表

それがどうしてそういうことができるかというと、例えばこの中では○○さん、子供を育てている時に、自分の子供と同じぐらいの子供達が、頭に一杯ガンメというのができていたでしょ?

 

受講者

私が子供育てしている時ですか?

 

楳木代表

うん、そうそう。

 

受講者

そんなにはないけど、アトピー性皮膚炎とかが。

 

楳木代表

アトピー性皮膚炎はもう少し後。頭にガンメが。

 

受講者

脂漏性湿疹ですね、頭に一杯できましたね。生後すぐに出てましたね。

 

楳木代表

あれ出た時に、固まりのかさぶたと一緒に髪の毛が抜けたりしたでしょ?

 

受講者

そうですね。

 

楳木代表

髪の毛が取れた時に、やっぱり親としては怖いよね。髪の毛ごと抜けちゃうから。

 

受講者

そんなにガバガバは抜けなかったですね。

 

楳木代表

じゃあ割と軽かったんだね。

 

受講者

はい、まぁでもビッシリとできましたけどね。

 

楳木代表

信者さんの中では御浄霊をしつつ、髪の毛が生えたままそのかさぶたが取れるということが結構あって、そしたら“毛根まで取れてしまうんじゃないか?”という不安なんですけど、今日の御守護報告と一緒で、ブツブツがとれた後、ポロポロと取れた後、非常にきれいな肌になるというのと一緒で、その湿疹もですね、毛ごと取れてもまたきれいな髪が出てきている。

それから子供達はほとんど鼻を垂らしていましたね。緑色の鼻が・・・。しかし、その頃まで・・・そういうのが全部出ている時の日本人の子供というのは世界一明るい子であったのです。今も子供達は世界一明るい子供と言えますか?

もうムスッとした顔の子が一杯いてね、“本当に子供だろうか?”というような大人びた顔つきをした子供達がいて、将来が非常に不安になるんですけど、やはりメシヤ様の今回の御教え通り、おおよそ三千年間の遺伝的薬毒が私達に溜まって来ておりますので、それがああいう生まれた時からの浄化作用でどんどん外に出ることによって毒素が無くなってくる。それで精神的には非常に明るい子供になってくるんですけど、それを逆に抑え込んでいくと、どうしてもですね、明るい天真爛漫という子供にはなかなかなれない、ということが起きてきます。これらは日本の将来としては非常に不安ですね。

それから、○○さんが先程言ったアトピー性皮膚炎ができる頃というのは何かというと、我々の子供の頃は検便をよくやりましたね?そして虫を全部退治していきました。この虫を退治したところからアトピー性皮膚炎が出てきております。

やはり人間の中に残留する遺伝的薬毒というのは、いろんな形で出そうとして・・自然界は人間を守るために、自然界はその毒素を出そうとしてくれているんですけども、やはり見た目が汚かったり、怖かったりするために、それを抑え込むということをずっと人間は長い歴史の中でしてきたために、それが体の中に残留してきています。

それが精神的に影響する場合は、首頭辺りに絶えず微熱が出てきているためにイライラしたり、あるいは人と関わりたくないということで閉じこもってしまうということになってしまっているわけなので、やはり浄化を停止するという・・こういう予防接種的なことというのは大いに間違いであるということは、現代の日本を見るだけでも、分からせていただくんではないかなと思います。

そういう点で今回の『種痘』という御論文は、一方では非常に学者的良心によって研究をずっと進めている人もいるけれども、権力構造を作り上げてですね、そして医学迷信というのを作り上げていった、という点に着目して・・・ですからメシヤ様はこの一方では医学迷信を打破するという取り組みをやって行かないといけないということで御神業を進めてきた、と。しかし『種痘』というのを中心に予防注射というのは、人類にとっては大きな禍根を残してしまう。それは遺伝的薬毒を体の中に残留させたまま成長していくと、精神面も肉体的にも大きな問題を後々に持って生活をしていかなければいけないということを含んでいるので、大いに注意すべきである、ということをメシヤ様は警告を与えて、この科学編を締めくくっておらます。

何故、最後にこの『種痘』という御論文を持って来られたかということを考えていくと、やはり今日木原さんが読んでくれたように医学革命に繋いでいく大きな指針を私達に与えて下さっていると思います。医者が全部悪いということではなくて、医者の中では良心的に研究をずっと積み上げている、そういう研究者もいらっしゃるし、メシヤ様の御教えの・・とりわけ浄化作用を裏付けてくれるような学者達もいます。そういう人達の研究成果はメシヤ様の教えの裏付けとして取り入れながら医学革命を進めていきたいというふうに思います。

あとは私ごとですけど、(この後、約一ヶ月間にわたる浄化の経過説明がありましたが、割愛します。)御教えと出会って、メシヤ様と御縁をいただいているが故に、こうした肉体的な大きな苦しみ、人間としては苦しみがあるんですけども、それは浄化作用として教えられているので感謝で生活することができます。これが最も有難いですので、安心立命の生活であろうかと思います。私の体験も含めて報告させていただきたいと思います。

最初にそうした話をさせていただいて、あと15分間になりましたけれども質疑応答に入らせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

無毒者にしていく絶対法

楳木代表

今月の特選集では、先程少し触れましたけれども、大阪支部の月次祭では強調していませんが、やはりメシヤ様が『救世の第一義』とおっしゃっているのは医学迷信を打破することだという一文がありましたので、今回はそれを改めて抜き書きをしております。それからもう一つはですね、私も4年間薬を飲んでいるのと、三千年来の遺伝薬毒がありますので、そういう薬毒を持っているので、調子のいい時は擬健康ですが、それを無毒者にしていく、と。そして真健康人になっていくというのが実は『一大福音』だということですので、この人類に対する福音の中では、一大福音というのがこの『無毒者をつくる』ことであるという一文も抜き書きしてですね、これが私達の御神業を進めていく上において『第一義』であり、『一大福音』であるということを確認させていただくために、短文ですけれども、この2つの内容を特選集の中に書かせていただきました。再度確認していただければ大変ありがたいと思います。

 

絶対法との出会い

支部長代理

皆さん考えていただいてる間に、この間○○さんからメールいただきまして、その時の話をどうでしょうか?

 

受講者

電話させていただきまして、三宮で御浄霊をいただきました。今年に入って浄霊伝授をさせていただきまして、浄霊伝授させていただいてから1ヶ月経たない頃ですかね、自分でも浄霊やってたんですけど、ある時仕事中に、タクシーの運転しているんですけど、もの凄いお腹痛くなりまして、“これはあかん、もう我慢できん”と思ってコンビニのトイレに駆け込みまして、便秘やったら出ませんけど、便が出る寸前まで出てるんですよ。そこでめちゃくちゃ冷や汗出るくらい痛くて、“あ~どうもあかん”と思ってね。戻るにも戻らない、出るにも出ない状況ですので、そこで30分ぐらい、もうちょっと手で出すというか・・一時ね、そうせんとしゃあないから、それで何とかかろうじて終わったんですが、それからまた夜、お腹痛くなって、そこまで出て引っかかって、それで血も混ざってたんで、“これは変な病気かな?”と怖くて、すぐに木原さんにメールで「こんなことになってます」と言うたら、便秘自体は別に放っとっても大丈夫ですが、そういうふうな出ない場合は延髄を浄霊して、ここに腸の働きを促す神経があるので、延髄を浄霊して下さいと言われまして、延髄をずっと浄霊してたんですね。

延髄を浄霊してまた腰も浄霊してたりして、とにかく延髄を中心に浄霊してたら、また仕事行く時間にお腹が痛くなりまして、“これはやばい、もし前みたいになったら、時間ないのに仕事行かれへん”と思ってたら、スパッと出ましてね。その時には、延髄した時はあんまり分からなかったんですね、でも延髄と言われたんで、常に“延髄しとこう、しとこう”と思ってしてたんです。それで3日経ちぐらいした時に、そういうふうになってパッと出て、“あっ”と思って、“あ~あの時やっぱり「延髄をしなさい」と言わはった、してたから、あれでやっぱり治ったなぁ”と思って、それから、もうずっーと普通なんですね。それまではコロコロでしたからね。最初出ない時はコロコロコロしたやつが肛門の所で、たぶん溜まってるんでしょうね。もう汚い話ですけど。

 

支部長代理

最初固かったのが、出た時は普通の軟らかい便が出たんですよね?

 

受講者

最初“浣腸しようか?それかそういう薬を飲まなあかんか?”と思ったんですけどね。

 

楳木代表

それで、引っ張り出した時、便を見ましたか?

 

受講者

見ました。コロコロでした。

 

楳木代表

コロコロで、表面は?

 

受講者

もう真っ黒です。

 

楳木代表

真っ黒で、ツルツルになってたか、それともカサカサですか?

 

受講者

ツルツルのような感じですね。

 

楳木代表

あ~ツルツルのような感じ。ネチャネチャしてました?

 

受講者

ちょっと粘土状のような。

 

楳木代表

あんまり表面は輝いてなかった?

 

受講者

う~ん…(笑)そうですね、でも黒々してました。

 

楳木代表

その延髄を浄霊すると、我々の腸の中に滑り酵素というのが出てきて、それで便が滑っていく。バランスが崩れると、その滑り酵素が出ないために動かなくなっていく。それとあと水分調整がちょっとできなくなったんで、普通の便より固くなってしまう。

 

受講者

あ~そっか!水分をよく飲んで下さいと、それから延髄を浄霊して下さいと言われて、そしたら本当に出て、それからずっともう全然そういうことがないんですね。

 

楳木代表

あ~よかったね。

 

受講者

はい、だから浄霊させていただいてなかったら、たぶん普通に浣腸買ってやってるか、下剤の薬を絶対に飲んでた状態でしたね。

 

楳木代表

浣腸と下剤をすると癖になっていきますのでね。これから歳を重ねていくと大変な状態になるので、よかったですね。

 

受講者

よかったです。本当に御蔭ですね。

 

楳木代表

え~御蔭ですよ、もう偉大なる御守護ですよ、それはね。

 

受講者

はい、“医者に行こうかな?”と思ったぐらいです、あの時は。

 

楳木代表

それはもう、(便にしろ結石にしろ)ここまで出てきてるのに出ない(留まって痛い)ということほどね、辛いことはないわけだからね。

 

受講者

そうですね、もう痛くて、こんどは力んでも出ないような状況ですから、それをやっぱりこの伝授受けて、もらいたてですから、分からないですけど、“やっぱり何かメシヤ様のこの御浄霊の御蔭ってあるんやなぁ”と思いました。その時はただただ自分では感じないですよね、それを木原さんに聞きましたら、「やっぱりちゃんと光が入っているんですよ」ということを聞きましてね。

 

楳木代表

それとタクシーの運転手というのは同じ姿勢でずっといないといけないということと、やっぱり2種免許を持っているぐらい相当気をつけて運転してますよね。そうすると目の使い方とか、普通の運転手の人よりも非常に使っているので、後ろ首肩が凝って来るんです。そうすると延髄の周りに固結ができてきますので、それが原因で腸に影響を及ぼして来るということがあるので、だからやっぱり浄霊は今回御守護いただいてので良かったんですけれども、そこの浄霊はやはりずっと続けておいたほうがいいです。

だけど良かったですね、自己浄霊だけで御守護いただいて素晴らしいですよ。

 

受講者

はい。神戸の三宮で3回木原さんから御浄霊をいただいて、それからこちらで伝授していただいた時に御浄霊いただきました。それから何かこう出てきてなかったのが薬毒が出てきたのかなと、そう思います。もしまた自分で何かあったら木原さんところ来させてもらおうかなと思います。自分で3、40分とか、あっという間に過ぎます。それを根詰めてやってたらそういうふうに出て、もう自然に出るようになりましたので、だから“フッと(光が)出てるわ”と。

 

楳木代表

もうそれは絶対的な自分の経験ですので、手のひらから光が出てるので、“どのようなことが起きてもこれで解決していけれるんだ”ということで、自分自身にも試していただいて、それから周辺に具合の悪い人がいたら取り次いでいろいろ試してみていただきたいですね。それでややこしい人がいたら、ちょっと分からないことがあったら、メールをしてどうしたらいいですかと聞いてね、どんどん体験していっていただいきたいと思います。

 

受講者

同僚の奥さんが乳がんで、抗がん剤治療をずっと受けてまして、その時に「こういう気功があるんですよ」と言って、その時させていただいてんですけど、そのままなかなか信じてくれないで、「抗がん剤治療したら毛が抜けてきて帽子被ってるわ。抗がん剤で抜けまんねんな~」言うてました。月1回抗がん剤打ってると言ってましたけど、髪の毛が抜けるということはやっぱりきついんやなぁと。そして医者が一番やと思ってはるんですね。

 

楳木代表

それがさっきの話の中の医学迷信にかかっているということです。普通、迷信というと神様事が迷信ということで言われるけれども、医学迷信ほど恐ろしいものはないですよね。木原さんから見せてもらったかもしれないけど、本がいろいろ出てますので・・例えば頭の鎮痛剤。私はひざが痛いから、ひざの鎮痛剤、足の鎮痛剤と書いてあるけれども、頭の鎮痛剤と中身が一緒ですので、ということは鎮痛剤を飲むと全身に鎮痛剤が行き渡るということです。こんなものを医者は平気で処方するわけですね。“なんと恐ろしいことかな”と思いますね、そうしたことを患者さん方、日本人の人達はみんな信じて治療を受けている人達が大半ですのでね、“なんと不幸かな”と思います。こういうことを改革していかないといけないわけですね。

 

受講者

なかなか分かってくれないですね。

 

支部長代理

まぁいろいろ声をかけていただいて、「少しずつメシヤ様の光をお届して、一人でも救いをやらせていただきたい」というふうにいつもメールをくださり、そして取り組んでいただいてます。今日はですね、実は「全く来られる可能性は無」とメールが来てまして(笑)、ところがですね、いいお客さんがいらっしゃって偶然チップをいただいたということで、それで余裕をもって、こちらの方に御参拝を許されました。

また、ずっと頭痛持ちで、不整脈のようでしたが、すっかり無くなっていて、さらに仕事や家庭事など、一気にいろんな素晴らしいことが起きて、奇蹟だと驚かれています。

 

楳木代表

そんな御蔭をいただいたんですね。(笑)

 

受講者

ちょこちょこと、千円もらったりとか、また端数のお釣りを「ええわ」と言う人がボンボンと出てきたんでね。そういうことがあったんで、なんか来させていただければ、“ありがたいな”と思いまして。

 

楳木代表

そうですか、また引き続きね、そうして声をかけておいて下さい。受け入れる人もあれば、・・まぁ受け入れない人の方が多いですけれども、受け入れる人がいたら浄霊をしてあげたらいいと思います。

今回6月15日、官僚幹部が、糖尿病でですね、食材をほぼ無農薬無肥料の食材に切り替えてそして浄霊をすることによって、良くなったんですよね。それを省の会議で報告したら、問い合わせが・・。幹部の人達で同じような症状が多いので、治療を受けてもなかなか改善していかないので、「どういうことだ」という問い合わせが来てですね、会議で発表したりしているので・・。

そういうようなこともあるので、やはりみんな真実が分からないために悩んでいる方々が日本の中には大勢いらっしゃるので、そこにやはり光のつぶてを投げかけていくことによって、目が覚める人から浄霊を取り次いでいっていきたいと思いますので、一つよろしくお願いしたいと思います。

それでは時間となりましたので、これで終わらせていただきたいと思います。どうもありがとうございました。

 

支部長代理

以上を持ちましてメシヤ教大阪支部5月度月次祭を終了させていただきます。

どうもありがとうございました。

 

一同

ありがとうございました。

 

<来月の御教え>

「『文明の創造』宗教篇 最後の審判」(文創  昭和二十七年)

Print Friendly, PDF & Email